蜂の子は血行促進に効果的

血行は身体の健康と深く関わっています。血行不良は、肩こり、冷え性などと共に、免疫力の低下、高血圧などを引き起こします。蜂の子には、血行を促進して健康維持に役立つ成分が豊富に含まれています。

血行を促進する蜂の子成分

蜂の子には、血管を拡張して血流をスムーズにする成分や、血液中のコレステロールを減らして血管の健康維持に役立つ成分、赤血球の生成に必要な成分が豊富に含まれています。これらの成分は血行を促進して、身体の健康維持に役立ちます。

血管を健康に保つメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸のひとつで、脂質の代謝に重要な肝機能を活発にする働きがあります。肝機能の向上は血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化の予防につながります。メチオニンには、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を分解する作用もあります。

動脈硬化を予防するリシン

リシンは必須アミノ酸の一つで、消化酵素の働きを活発にすることで肝機能を高める効果があります。リシンが不足すると、血液中に悪玉コレステロールが増えやすくなり、血行や血管の状態に悪影響を与えます。

高血圧予防・血管の健康維持にタウリン

タウリンはアミノ酸の一種で、身体や細胞を正常な状態に保つ働きがあり、高くなりすぎた血圧を抑える効果があります。肝臓の機能を活発にする働きや、肝細胞を保護する効果もあります。脂肪の代謝を促進することで血中コレステロール値を下げ、血管の健康維持に役立ちます。

一酸化窒素をつくるアルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で一酸化窒素を作り出すのに必要です。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、血行を促進して動脈硬化や心筋梗塞を予防します。
アルギニンには、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進する効果や、脂肪の代謝を助ける働きがあります。血行を悪化させる糖尿病を予防し、血液中の悪玉コレステロール値を下げて、血管の健康維持に役立ちます。

血行を促進するグリシン

グリシンはコラーゲンの材料として知られ、美肌効果などで有名な必須アミノ酸ですが、血管を拡張して血行を促進する効果もあります。

糖尿病や高脂血症を防ぐビタミンB1・ビタミンB2

蜂の子に含まれるビタミンB1・ビタミンB2は、糖・脂質・タンパク質の代謝に不可欠な成分です。これらが不足すると、糖や脂質がエネルギーに変換されなくなります。これらのビタミンは、血糖値や血液中のコレステロール値を抑え、血行促進や動脈硬化予防に役立ちます。

血行促進と動脈硬化予防にナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、毛細血管を拡張して血行をよくする効果があります。ナイアシンには、糖や脂質の代謝に使われる酵素の働きを補助する役割もあり、血糖値や血液中のコレステロール値を下げて動脈硬化予防に役立ちます。高脂血症に処方されるニセリトロールという薬にも使われている成分です。

動脈硬化予防にパントテン酸

パントテン酸はビタミンの一種で、糖・脂質・タンパク質の代謝を助ける働きがあります。善玉コレステロールの合成を促進する作用もあり、動脈硬化を予防して血管の健康維持に役立ちます。

悪玉コレステロールを減らすオレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸です。蜂の子に含まれる脂肪酸のうち最も割合の大きいものが、このオレイン酸です。オレイン酸はオリーブオイルなどに含まれていることでも知られ、血液中の悪玉コレステロール値を減少させる効果があります。

赤血球に必須の鉄・銅・ピリドキシン

血液を構成する赤血球の量は、血行にとても重要です。血液中の赤血球が減少すると、血液の酸素運搬能力が低下して、身体の各組織に必要な酸素が届かなくなります。
蜂の子には、赤血球の材料となる鉄や、赤血球の生成に必要な銅、赤血球生成を促進するビリドキシンが含まれており、血液の酸素運搬能力向上に役立ちます。
蜂の子に含まれる鉄はヘム鉄と呼ばれ、野菜などに含まれる非ヘム鉄より2~3倍、体内へ吸収されやすいという特徴があります。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄の体内への吸収を助ける働きがあります。

血行促進・動脈硬化予防にマグネシウム

マグネシウムには動脈を広げて血流をスムーズにし、血圧を下げる働きがあります。
マグネシウムは代謝機能にも深く関わっており、糖尿病を予防する効果があることが研究で明らかになっています。マグネシウムが不足すると、糖や脂質の代謝がうまく行われなくなり、糖尿病や動脈硬化の原因になります。

蜂の子はストレスを軽減して血行を促進する

ストレスは血行と密接に関係しています。過度なストレスが続くと、身体の機能を調整している自律神経のバランスが乱れます。自律神経には、活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。ストレス時には交感神経が活発になり、交感神経の働きは血管を収縮させるため、血行が悪くなります。
蜂の子にはストレスを軽減する成分が含まれており、自律神経のバランス調整を助けて血行促進に役立ちます。

蜂の子のストレス軽減効果が大学の研究で確認

岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使って、蜂の子成分が身体に与える影響について実験を行っています。その結果、蜂の子成分には血中のコルチゾール値を低下させる働きがあることが明らかになりました。コルチゾールはストレスに反応して分泌されるホルモンです。蜂の子にはストレスを軽減する効果があることがこの実験から確認できます。

ストレス軽減に役立つ蜂の子成分

蜂の子には、ストレスに対処するために必要な成分が数多く含まれています。
フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンなどストレスホルモンの材料になります。これらはストレスに対処するために分泌され、ストレス下での気力や集中力の維持に役立ちます。
トリプトファンは体内でセロトニンを生成する際に必要です。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、ドーパミンやアドレナリンなど感情に関わる物質を調節して、精神を安定させる働きがあります。
メチオニンは、ドーパミンやセロトニンなど感情に関わる物質の生成を促進します。
ナイアシンは精神不安やうつ症状を予防し、精神を安定させる働きがあります。
カルシウム・マグネシウム・亜鉛といった蜂の子に含まれるミネラルは、ストレスホルモン生成に不可欠です。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、ミネラルの吸収を促進します。
これら数多くの有効成分を一つの食品から摂取できるのが、蜂の子の利点です。

蜂の子は質のよい睡眠を促して血行を促進する

睡眠不足は血行不良を引き起こします。十分な睡眠をとることができれば、自律神経の副交感神経が優位になり、血管が広がって血行が良くなります。蜂の子には、質の良い睡眠を促す成分が含まれています。

不眠の改善にグリシン

蜂の子に含まれるアミノ酸の一種グリシンには、不眠を改善する効果があります。人は眠りにつく際に体温を下げようとします。グリシンには血管を拡張する働きがあり、入眠時に表面体温を上げることで体内の熱を放出し、自然な睡眠を促します。

質の良い睡眠にトリプトファン

トリプトファンは、体内でメラトニンを生成するために必要です。メラトニンは体内時計のリズムを整える物質で、睡眠時に深い眠りをもたらす効果があります。メラトニンは幼児期に最も多く分泌され、歳を取るごとに分泌量が減少します。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。トリプトファン摂取は、質の良い睡眠をとるために重要です。

良質な睡眠にセリン

セリンはアミノ酸の一種で、良質な睡眠を補助する効果があります。十分な睡眠を得られていない人に、就寝前にセリンを摂取させる実験を行ったところ、寝つきや睡眠に対する満足感が改善されたとの報告があります。

血行不良の悪影響

血行不良は肩こり、腰痛、冷え性など、さまざまな身体の不調を招きます。身体の新陳代謝も低下するため、肌荒れや抜け毛、白髪なども起こりやすくなります。
また、血行不良の状態では動脈内にコレステロールが沈着しやすくなり、血管が狭くなります。血管が狭くなると、より多くの酸素や栄養素を送ろうとして血圧が高くなり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といった疾患も起こりやすくなります。血行の改善は健康的な生活を維持するためにとても重要です。

蜂の子で血行促進

蜂の子には、血管を拡張する成分や血管の健康維持に役立つ成分が豊富に含まれています。ストレス軽減効果や質の良い睡眠を促す効果もあり、血行促進にとても効果的な食品です。血行不良はさまざまな身体の不調を引き起こします。健康的な毎日を送るためにも、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧