蜂の子は難聴に効果的

音や話し声が聞こえ辛くなり、生活に支障をきたす難聴。健康食品の蜂の子には、この難聴に効果的な成分が多く含まれています。

研究で蜂の子の難聴に対する効果が確認されている

岐阜大学医学部の研究グループは、耳鳴りを伴う難聴患者に酵素分解した蜂の子成分を12週間投与する実験を行いました。その結果、蜂の子成分を摂取した被験者に聴力レベルの改善がみられたことを発表しています。それに対して、蜂の子を摂取しなかった被験者は、聴力レベルの低下がみられました。
この結果から、難聴を放置しておくと聴力が低下してしまうこと、蜂の子成分には時間経過による聴力の低下を予防し、さらに回復させる効果があることが明らかになりました。
さらにこの実験では、蜂の子摂取により難聴や耳鳴りからくる抑うつ感が軽減されること、蜂の子に血中コルチゾール値を低下させる効果があることが明らかにされています。
コルチゾールはストレスを受けた際に分泌されるホルモンです。難聴治療の際に指標のひとつとして血中コルチゾール値が使われるなど、聴力と深い関わりがあります。コルチゾール値が上昇すると一時的に聴力が低下することも報告されています。

蜂の子成分が効果を発揮する難聴

難聴の原因にはさまざまあり、腫瘍や中耳炎などの場合は適切な治療を受ける必要があります。ここでは蜂の子成分が効果的な難聴の種類を挙げていきます。

突発性難聴

突然に原因不明の難聴が発症し、耳鳴りやめまいを伴う場合が多い疾患です。
ストレスなどで毛細血管の血流が妨げられ内耳に血液が届かず機能不全を起こすという内耳循環障害説と、ウイルス感染を原因とする説があります。主にストレス軽減、血行促進、免疫力向上の点から蜂の子成分が有効です。

メニエール病

内耳に内リンパ水腫と呼ばれる水ぶくれが起きることにより、激しい回転性のめまいと難聴などが起こる疾患です。原因は不明ですが、ストレスが強く相関していることが分かっています。主にストレス軽減、血行促進、浮腫防止などの点から、蜂の子成分が有効です。

老人性難聴

加齢により聴覚に関わる細胞が減少・老化するのが原因の難聴です。血行促進、ストレス軽減による血中コルチゾール値の低下などにより、難聴の悪化を防ぐという予防的観点から蜂の子成分が有効です。

機能性難聴(心因性難聴)

器質的な障害がないのに難聴が生じるケースです。ストレスが主な原因と考えられており、ストレス軽減の点から蜂の子成分が有効です。

難聴に効果的な蜂の子成分

主にストレス軽減、血行促進の効果により、蜂の子は難聴の改善に役立ちます。これらの効果がある蜂の子成分を具体的に見ていきましょう。

ストレスホルモンの材料フェニルアラニン

ストレスを受けると身体はそれに対処するためにストレスホルモンと呼ばれる物質を分泌します。
フェニルアラニンはアミノ酸の一種で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスホルモンの材料になります。これらはストレスに対処し、気力や集中力を維持するのに必要です。

セロトニン・メラトニンの材料トリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニン・メラトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる働きがあります。アメリカではうつ症状に処方される場合もある成分です。ほかにも、体内時計や神経内分泌、睡眠、体温調節など多くの機能に関わる重要な物質です。
メラトニンは体内時計のリズムを整える物質です。幼児期に最も多く分泌され、歳を取るごとに減少します。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。質の良い睡眠はストレス軽減や血行改善に重要で、メラトニン不足にならないよう注意する必要があります。

ストレス軽減・血行促進にメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸の一つです。ドーパミンやセロトニンの生成を促進する作用があり、ストレスの軽減に役立ちます。メチオニンには血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く作用もあります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。

ストレスに対抗するチロシン

チロシンは細胞でのタンパク質合成に使われるアミノ酸です。ストレス条件下の人間に投与した実験で、気分や認識作用の改善がみられたとの報告があります。

血行を改善するアルギニン

アルギニンは必須アミノ酸のひとつで、体内で一酸化窒素を生成するための材料になります。一酸化窒素には血管を拡張して血流を促進する作用があるため、内耳の健康維持に役立ちます。

質のよい睡眠を促すグリシン

グリシンは、血行促進効果と共に、高い安眠効果が確認されているアミノ酸です。血管を拡張する効果があり、体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。十分な睡眠はストレス解消に重要です。

血圧安定にタウリン

タウリンには細胞を正常に保ち、血圧を安定させる作用があります。

血行促進と精神安定にナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、血行を促進する効果のほか、精神不安を防ぐ作用があります。ナイアシンは食物から摂取できるほか、体内でトリプトファンを使って生成されます。ナイアシンが不足していると、トリプトファンがナイアシン生成に使われてしまい、ストレス対処に重要なセロトニンが不足してしまいます。

脳にエネルギーを与えるビタミンB1

ビタミンB1は糖からエネルギーを得るために必須のビタミンです。脳の栄養不足からのイライラ感や思考力低下を防止し、ストレス対処に役立ちます。

血行促進と水分調整にピリドキシン

ピリドキシンはビタミンB6に分類される化合物で、赤血球の生産を促進します。動脈硬化の原因となるホモシステインという物質を血液中から減少させる効果もあります。
ナトリウムとカリウムのバランス維持を助ける働きもあり、身体の水分量を調節することで、メニエール病の内リンパ水腫改善に役立ちます。

アドレナリン生成に必要なビタミンC

アドレナリンはストレスがかかると多く分泌され、血圧や血糖値を上昇させてストレスに対抗します。このアドレナリンの合成にビタミンCが必要です。

ストレス軽減に必須のカルシウム・マグネシウム・亜鉛

カルシウム、マグネシウム、亜鉛といった蜂の子に含まれるミネラルもストレス軽減に重要です。カルシウムやマグネシウムが精神の安定に重要なことはよく知られています。
ストレスを感じるとコルチゾールなど副腎皮質ホルモンが生成されますが、この副腎皮質ホルモンは腸のカルシウム吸収を低下させ、尿からのカルシウム排出を促す作用があります。ストレス時には普段より多くのカルシウム摂取が必要です。
マグネシウムは精神を落ち着かせるセロトニンの生成に不可欠です。
亜鉛は身体の様々な機能に関わりますが、ノルアドレナリンなどストレスホルモン生成にも必須です。亜鉛が欠乏すると胃腸機能低下や免疫機能低下による下痢が起こりやすくなります。ストレス対処に必要な栄養素が摂取しにくくなるため注意が必要です。

血液に必須の鉄

鉄は赤血球を構成するヘモグロビンの材料で、内耳に効率よく酸素を供給するために必須です。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄の吸収率を高めてくれます。

身体の水分調整にカリウム

カリウムは、ナトリウムと反応してナトリウムを身体の外に排出する作用があります。ナトリウムは身体に水分を保持する効果があり、特にメニエール病の内リンパ水腫の場合は、ナトリウムが過剰にならないよう注意する必要があります。

蜂の子は難聴の予防にも効果的

以上のように、多くの含有成分が持つストレス軽減・血行促進効果などにより、蜂の子は難聴の改善に効果的です。これらの効果は症状の改善だけでなく、聴力低下の予防や悪化の防止にも役立ちます。こうした多くの有効成分を一つの食品から摂取できるのが、蜂の子の大きな利点です。
蜂の子は豊富な栄養素とストレス軽減の効果などから、自律神経のバランス維持に役立つ食品です。そのため、免疫力を高める効果があります。突発性難聴にはウイルス感染が原因との説もありますが、蜂の子はその予防にも役立ちます。

難聴の改善に蜂の子がお勧め

難聴に対する蜂の子の効果は大学の研究でも明らかになっています。蜂の子はストレスを軽減し、血中コルチゾール値を低くすることで聴力に好影響を与えます。血行を促進する成分なども豊富で、内耳の健康維持に役立ちます。医師にかかってもなかなか治らない難聴の症状に、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧