蜂の子は薄毛・白髪に効果的

年齢とともに気になる薄毛・白髪。健康食品の蜂の子には、こうした髪の悩みに効果的な成分が豊富に含まれています。

薄毛を防ぐには

薄毛は、髪の毛を生み出す毛母細胞が死滅・機能低下することで起こります。毛母細胞の健康維持には、ストレス軽減、必要な栄養素の摂取、血行促進、十分な睡眠が重要です。これらに対して効果的な成分が蜂の子には豊富に含まれています。

白髪を防ぐには

髪の毛はもともと無色透明です。毛髪の黒さは色素のメラニンによるものです。毛根にあるメラニンを供給する幹細胞の働きによって髪の毛が黒くなります。加齢やストレスなどによりこの幹細胞の機能が失われると、髪の毛が白くなります。
白髪対策には、ストレス軽減、髪や色素のもとになる栄養素の摂取、血行促進、十分な睡眠、体内の過酸化水素の除去が重要です。

ストレス軽減に蜂の子が効果的

ストレスは髪の毛に悪影響を与えます。ストレスは自律神経のバランスを乱し、頭皮の毛細血管を収縮させます。結果として毛母細胞やメラニン生成に関わる幹細胞が弱まり、薄毛や白髪を起こします。蜂の子にはストレス軽減に効果的な成分が多く含まれています。

研究で蜂の子のストレス軽減効果が確認されている

岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用し、蜂の子成分が与える影響について実験を行いました。その結果、蜂の子成分には血中のコルチゾール値を低下させる働きがあることが確認されました。
コルチゾールはストレスによって発生するホルモンです。蜂の子成分にストレス軽減効果があることがこの実験から分かります。
この実験では、ストレスに対処するためのストレスホルモンの活動を整えて不安や苦痛を和らげる効果も確認されています。

ストレス軽減に役立つ蜂の子成分

蜂の子には、ストレスに対処するために必要な成分が数多く含まれています。
フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスホルモンの材料になります。これらはストレスに対処し、気力や集中力を維持するのに必要です。
トリプトファンは体内でセロトニンの材料になります。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる働きがあります。
メチオニンはドーパミンやセロトニンの生成を促進する作用があります。
ナイアシンは精神不安やうつ症状を防ぎ、精神を安定させます。
ビタミンB1は糖からエネルギーを得るために必要で、中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。
カルシウム・マグネシウム・亜鉛はストレスホルモン生成に必要なミネラルです。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、ミネラルの吸収を促進します。

髪の毛に必要な栄養素が蜂の子には豊富

髪の毛はアミノ酸が結合したケラチンというタンパク質で出来ています。髪の毛を黒くするメラニンもアミノ酸から作られます。
蜂の子は古くから貴重なタンパク源として食され、髪の毛の主成分であるアミノ酸が豊富に含まれています。人間が体内で合成できず、食事から摂取する必要のあるアミノ酸を必須アミノ酸と言います。この9種類ある必須アミノ酸の全てを蜂の子は含んでいます。

蜂の子は毛髪の材料となるアミノ酸を全て含む

髪の毛の99%はケラチンで出来ています。このケラチンはシスチン、グルタミン酸、アルギニンなど18種類のアミノ酸から作られており、蜂の子にはこの18種類のアミノ酸の全てが含まれています。

毛髪の健康に関わるメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸です。毛髪に占める割合は1%程度ですが、毛髪の健康に深く関わっており、メチオニンが不足すると抜け毛や薄毛の原因になります。

黒髪に必要なチロシン・銅

髪の毛を黒くするメラニンは、チロシンというアミノ酸とチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きで作られます。チロシナーゼ生成には銅が必要で、蜂の子は銅も含んでいます。蜂の子は黒髪に必要な栄養素をもれなく摂取できます。
チロシンは食物から摂取できるほか、体内でフェニルアラニンから生成されます。蜂の子はフェニルアラニンも含んでいます。

白髪・薄毛を防ぐビオチン

ビオチンはビタミンB6に分類されます。髪の毛や皮膚を健康に保つ働きがあり、欠乏すると白髪・脱毛症状が起こります。不眠、神経障害、疲労感といった欠乏症状もあります。

毛髪に深く関わる亜鉛

亜鉛は体内に千数百あるといわれる酵素のうち300種以上に必要とされており、身体の多くの機能に関わっています。髪の毛を生む幹細胞の分化に必須なほか、アミノ酸から髪の毛の主要成分であるケラチンを作る際にも亜鉛は必要です。亜鉛が欠乏すると脱毛症状が起こります。
動物性タンパク質やビタミンCは亜鉛の吸収を促します。これらが一つの食品にふくまれている蜂の子は、亜鉛摂取に適しています。

コラーゲンを構成するグリシン

グリシンは蜂の子に含まれるアミノ酸の一種で、コラーゲンの材料になります。
東京医科歯科大学の研究グループは、毛髪の幹細胞の保護にXVII型コラーゲンが重要で、XVII型コラーゲンが枯渇することによる幹細胞の機能低下・死滅が薄毛の原因になることを発表しました。コラーゲンの材料であるグリシンの摂取は、薄毛予防に重要です。

血行を促進する蜂の子成分

頭皮の血行促進は薄毛・白髪対策に重要です。抜け毛・白髪は貧血の症状の一つです。血行を促進して酸素や栄養素を十分に供給することで、毛母細胞の健康が保たれます。蜂の子には血行を促す成分や、血管の健康維持に役立つ成分が含まれています。

血管を拡張するアルギニン・グリシン

アルギニンは体内で一酸化窒素を生成する材料になります。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、血行を促進します。
グリシンはコラーゲンの原料となるアミノ酸ですが、血管を拡張する効果もあります。

血管を守るメチオニン・ナイアシン

メチオニンは血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。
ナイアシンは悪玉コレステロールの値を低下させ、血行を良くする効果があります。

血液に必須の鉄

鉄は赤血球の材料になります。蜂の子に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれ、野菜などに含まれる非ヘム鉄と比較して2~3倍、体内への吸収率が高くなっています。
蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を助ける働きがあります。

蜂の子は質の良い睡眠を促す

十分な睡眠は薄毛・白髪対策に重要です。睡眠は成長ホルモンの分泌に重要で新陳代謝を促すほか、自律神経のバランスを整えて血行促進やストレス軽減にもつながります。蜂の子には質の良い睡眠に役立つ成分が含まれています。

安眠効果のあるグリシン

アミノ酸のグリシンは高い安眠効果が確認されています。血管を拡張する効果があり、入眠時に体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。

体内時計の調節に役立つトリプトファン

トリプトファンは体内でメラトニンの材料になります。メラトニンは体内時計のリズムを整える物質です。幼児期に最も多く分泌され、歳を取るごとに減少します。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。トリプトファン摂取は、質の良い睡眠に重要です。

過酸化水素も白髪の原因となる

アメリカの研究によれば、活性酸素の一つ過酸化水素も白髪の原因です。過酸化水素がメラニン生成に必須の酵素チロシナーゼを破壊するためです。過酸化水素は体内で日々発生していますが、人間が生成する酵素カタラーゼやビタミンCなどの働きで分解されます。カタラーゼなどの酵素は年齢によって分泌量が低下するため、過酸化水素が分解しきれなくなり、白髪が増えます。
蜂の子にはビタミンCとカタラーゼの材料となる鉄が含まれており、過酸化水素の分解を補助します。

蜂の子で薄毛・白髪を改善

薄毛・白髪の対策には、ストレス軽減、必要な栄養素の摂取、血行促進、十分な睡眠などが重要です。蜂の子はこれらに対して効果的な成分を豊富に含んでいます。気になる髪の悩みに、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧