美肌に蜂の子が効果的

美しい肌をつくるためには、毎日のスキンケアと共に、美肌に効果的な栄養素の摂取や十分な睡眠が重要です。古くから健康食品として珍重されてきた「蜂の子」には、美しい肌の形成に役立つ成分が豊富に含まれています。

美肌に蜂の子成分が効果的

蜂の子には、美しい肌をつくるために必要な栄養素が豊富に含まれています。十分な睡眠をとることや、血行を促進して肌の新陳代謝を活発にすること、ストレスを貯めないことも、美しい肌をつくるためには重要です。蜂の子には、これらに対して効果的な成分が含まれています。

美肌に役立つ蜂の子成分

肌に弾力を保ち、美しい肌をつくるには、コラーゲンとエラスチンが重要です。コラーゲンはタンパク質の一種で、肌を内から支えて肌のハリと弾力を保っています。エラスチンはコラーゲン同士を結びつけているタンパク質です。エラスチンも肌のハリと弾力に欠かせません。
蜂の子には、これらの生成に必要な成分や、肌の潤いを保つ成分など、美肌に役立つ成分が豊富に含まれています。

コラーゲンの材料となるアミノ酸

蜂の子は、美しい肌の基礎となるコラーゲンの生成に必要な栄養素を豊富に含んでいます。
コラーゲンはタンパク質でできており、体内でアミノ酸から生成されます。コラーゲンを組成するアミノ酸のうち、グリシンが約33%、プロリンが21%、アラニンが11%を占めます。
古くからタンパク源として食されてきた蜂の子には、これらのアミノ酸が全て含まれています。このほかにも、人が体内で生成できず食品から摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸の全てが蜂の子には含まれています。

エラスチンの材料となるアミノ酸

エラスチンは800個以上のアミノ酸で構成され、ロイシン・アラニン・グリシン・プロリン・バリンが8割以上を占めます。蜂の子には、これらのアミノ酸が全て含まれています。蜂の子はエラスチンの生成を助けて、弾力のある美しい肌の形成に役立ちます。

NMFの材料となるアミノ酸

蜂の子に含まれる成分には、肌の潤いを保つ効果があります。
肌の潤いを保つ成分に、天然保湿因子(NMF)と呼ばれる物質があります。天然保湿因子は皮膚に元々備わっている保湿成分で、不足すると乾燥肌などの肌トラブルを引き起こします。天然保湿因子の4割がアミノ酸でできており、角質層に含まれるアミノ酸が不足すると肌荒れを起こしやすいという研究結果もあります。
天然保湿因子に含まれる主なアミノ酸には、セリン、グリシン、アラニン、トレオニン、アスパラギン酸などが挙げられます。蜂の子には、これらの全てが含まれています。

肌の健康に重要なイソロイシン

イソロイシンは蜂の子に含まれる必須アミノ酸のひとつです。イソロイシンが欠乏すると皮膚炎の症状が起こります。イソロイシン摂取は肌の健康維持に重要です。

肌の保湿に役立つアルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種です。血行促進効果があるほか、肌の保湿に役立つため、化粧品にも配合されている成分です。

美肌をもたらすビタミンC

ビタミンCは美肌効果をもたらすことで有名な栄養素です。ビタミンCはコラーゲンの合成に必要で、肌のハリや弾力の維持に役立ちます。ビタミンCには、しみ・そばかすなど肌のトラブルを防ぐ働きもあります。しみ・そばかすは肌にメラニン色素が沈着することで起こります。ビタミンCには、メラニン色素を生み出す酵素の働きを阻害する作用があります。

ビタミンCの働きを助けるパントテン酸

パントテン酸はビタミンB群に分類されます。パントテン酸はコラーゲン生成の際にビタミンCの働きを助ける作用があり、肌のハリと弾力の維持に役立ちます。

肌を健康に保つビタミンB2

ビタミンB2が不足すると、炎症などの皮膚や粘膜のトラブルが発生します。蜂の子にはビタミンB2が含まれています。

蜂の子は質の良い睡眠を促して美肌をつくる

十分な睡眠は美しい肌をつくるのに重要です。睡眠時には成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンは肌の新陳代謝を活発にします。蜂の子には質の良い睡眠を促す成分が含まれています。

自然な睡眠を促すグリシン

グリシンはアミノ酸の一種で、コラーゲンの材料になるほか、高い安眠効果が確認されています。グリシンは血管を拡張する作用があり、入眠時に表面体温を上昇させて熱を放出します。入眠時の体温低下は、自然な睡眠を促します。

深い睡眠を促すトリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつで、体内でメラトニンに変換されます。メラトニンは体内時計の調整を行う物質で、深い睡眠を促す効果があります。

質の良い睡眠を促すセリン

セリンは肌の保湿に役立つほか、良質な睡眠を促す作用があります。就寝前にセリンを摂取する実験で、寝つきや睡眠の質が改善されたとの報告があります。

蜂の子は血行を促進して美肌をつくる

蜂の子には血行を促進する成分が含まれており、美しい肌をつくるのに役立ちます。

良い血行は美肌をつくる

血行は肌の美しさと密接な関係があります。血行が良いと、肌の組織に酸素や栄養素が行き届き、新陳代謝が活発になります。血行が悪いと、肌の新陳代謝が低下するほか、老廃物が体外に排出されにくくなります。

血行を促進する蜂の子成分

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で一酸化窒素を作り出します。一酸化窒素には血管を拡張する働きがあり、血行を促進します。
グリシンはコラーゲンの材料になるほか、血管を拡張する作用もあります。
ナイアシンはビタミンの一種で、毛細血管を拡張して血行を促進します。
蜂の子に含まれるミネラルのマグネシウムは、動脈を弛緩させて血流をスムーズにする働きがあります。
このほか、メチオニン、リシン、タウリン、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、オレイン酸といった蜂の子成分は、糖や脂質の代謝を助ける働きがあります。これらの成分は、血糖値や血中のコレステロール値を正常に保つのに役立ち、スムーズな血流を促します。

蜂の子はストレスを軽減して美肌をつくる

ストレスは肌の状態に影響します。蜂の子には、ストレスを軽減する成分が含まれています。

ストレスは美肌の大敵

ストレスは肌に悪影響を与えます。ストレス時には、ストレスに対処するためのホルモンが分泌され、男性ホルモンもあわせて分泌されます。これがニキビなどの肌トラブルの原因になります。
ストレス時には自律神経の交感神経が活発になります。交感神経は血管を収縮させる働きがあるため、血行が悪化して肌に悪影響を与えます。
ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させます。活性酸素は細胞を酸化して老化を加速する作用があり、美肌にとって大敵です。

蜂の子はストレスを軽減する

岐阜大学医学部の研究により、蜂の子には血液中のコルチゾール値を下げる作用があることが確認されています。コルチゾールはストレスに反応して分泌されるホルモンです。蜂の子にストレス軽減効果があることが、この実験から分かります。
蜂の子には、フェニルアラニン、トリプトファン、メチオニン、ナイアシンが含まれています。これらは、ストレスに対処するために必要な神経伝達物質の生成に役立ちます。
このほか、中枢神経および末梢神経の機能を正常に保つビタミンB1、ストレス軽減に役立つカルシウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラルが蜂の子には含まれています。

蜂の子には美肌に役立つ抗酸化作用がある

ストレス時に特に体内で多く発生する活性酸素は、細胞を傷つけて老化を促進します。蜂の子に含まれるビタミンCやメチオニンは、この活性酸素を身体から取り除く働きがあります。
蜂の子に含まれる鉄は、活性酸素のひとつ過酸化水素を分解する酵素のカタラーゼを生成するのに必須です。
蜂の子はこれらの成分の抗酸化作用により、活性酸素から肌を守ります。

蜂の子で美しい肌を手に入れる

蜂の子には、コラーゲンの原料など、美しい肌をつくるために必要な栄養素が豊富に含まれています。質の良い睡眠を促す効果、血行促進効果、ストレスを軽減する効果、抗酸化作用といった肌に嬉しい効果もあり、蜂の子は美肌の形成に役立ちます。ハリのある美しい肌を手に入れるために、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧