蜂の子は動悸・息切れの症状に効果的

日常生活で急に起こる動悸・息切れ。医師に相談しても、心臓や肺に異常がない場合が多く、対処に困る方が多い症状です。古くから健康食品として親しまれてきた「蜂の子」には、この動悸・息切れに効果的な成分が含まれています。

蜂の子成分が有効な動悸・息切れ

動悸・息切れが起こる原因はさまざまです。心臓や肺の疾患など重大な病気の可能性もあるため、まずは医師の診察が必要です。
ここでは、蜂の子成分が有効な動悸・息切れの種類を挙げていきます。

ストレスが原因の動悸・息切れ

過度のストレスなどの影響で、無意識のうちに心身の機能を調整している自律神経のバランスが崩れると、動悸や息切れの症状が起こることがあります。
蜂の子には、ストレス軽減効果、血行促進効果、質のよい睡眠を促す効果があります。これらの効果は自律神経のバランス調整を助け、ストレスが原因の動悸・息切れの改善に役立ちます。

貧血による動悸・息切れ

貧血は血液が薄くなった状態です。赤血球を構成するヘモグロビンが減少することで、血液の酸素運搬能力が低下します。貧血状態では身体の各組織に十分な酸素が行き渡らず、身体は不足している酸素を補うために血流量や呼吸量を増やそうとします。これが動悸や息切れを引き起こします。
蜂の子には、ヘモグロビンの材料や赤血球の生成を促進する栄養素が豊富に含まれています。血行を促進する成分や、血管を健康に保つ成分も含まれており、血液の酸素運搬能力を向上させて、動悸・息切れを防ぎます。

更年期障害による動悸・息切れ

更年期障害は、閉経前後に女性ホルモンの分泌が急激に減ることが原因で起こります。情緒不安や不眠といった精神症状とともに、動悸や息切れの症状も起こります。更年期障害の症状は、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経の乱れと深く関係しています。ストレス軽減、血行促進、質の良い睡眠を促す効果を持つ蜂の子成分は自律神経のバランス調整に役立ち、更年期障害の症状を改善します。

うつ病による動悸・息切れ

うつ病の症状に動悸・息切れがあります。うつ病の原因は明確には特定されていませんが、脳や神経で機能する神経伝達物質の働きが悪くなることや、身体の病気、ストレス、環境の変化など、さまざまな要因が重なって症状が起こると考えられています。
蜂の子には、神経伝達物質の生成に必要な成分が含まれています。ストレス軽減効果、血行促進効果、質の良い睡眠を促す効果もあり、うつ病の症状である動悸・息切れの改善に役立ちます。

蜂の子はストレスを軽減する

蜂の子にはストレスを軽減する効果があり、過剰なストレスによる自律神経の乱れを原因とした動悸・息切れの改善に効果的です。

大学研究でストレスに対する蜂の子効果が確認されている

岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用し、蜂の子成分が身体に与える影響について実験を行いました。その結果、蜂の子成分を摂取していると、ストレスに反応して分泌されるコルチゾールというホルモンの量が低下することが明らかになりました。蜂の子成分がストレスを軽減することがこの実験から分かります。
この実験では、蜂の子成分には、ストレスに対処するためのストレスホルモンの活動を整えて不安や苦痛を和らげる効果があることも確認されています。

神経伝達物質の材料フェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つで、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質を生成するための材料になります。これらはストレスホルモンと呼ばれ、ストレスに対処するための気力や集中力を維持するのに必要です。フェニルアラニンはストレスの軽減や、うつ症状の改善に効果的です。

セロトニンの材料トリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれています。ドーパミンやアドレナリンなど感情に関わる物質を調節する作用があり、精神を安定させます。アメリカではうつ症状に処方される場合もある成分で、うつ病が原因の動悸・息切れの改善に役立ちます。

ストレスホルモン生成を助けるメチオニン

メチオニンは蜂の子に含まれる必須アミノ酸です。ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンの生成を促進する作用があり、うつ症状の改善やストレスの軽減に役立ちます。

精神不安を防ぐナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、精神不安やうつ症状を防ぐ働きがあります。
ナイアシンは食物から摂取できるほか、体内でトリプトファンを材料にして生成されます。ナイアシン不足の状態では、トリプトファンがナイアシン生成に回され、ストレス軽減やうつ症状の改善に重要なセロトニンの生成が妨げられます。

脳のエネルギー補給にビタミンB1

ビタミンB1は、糖を代謝してエネルギーを得るために必須のビタミンです。不足すると脳の栄養不足からイライラ感や思考力低下が起こります。中枢神経および抹消神経の機能を正常に保つ働きもあり、うつ症状の改善や自律神経のバランス調整に役立ちます。

ストレス軽減に必須のミネラル

カルシウム、マグネシウム、亜鉛といった蜂の子に含まれるミネラルも、ストレス軽減に重要です。
カルシウムは、神経の伝達を助けて緊張や興奮を鎮める作用があります。
マグネシウムは精神を落ち着かせるセロトニンの生成に不可欠です。
亜鉛はノルアドレナリンなどストレスホルモン生成に必須です。

ストレス時に必要なビタミンC

ビタミンCは、ストレスに対抗するために分泌される副腎皮質ホルモンの生成に必要です。ビタミンCにはミネラルの吸収を促進する働きもあります。

以上のように、蜂の子にはストレス軽減に効果的な成分が数多く含まれており、ストレスが原因の動悸・息切れの改善に効果的です。これら多くの成分を一つの食品から同時に摂取できるのが蜂の子の利点です。

蜂の子は血行を促進する

血行促進は、動悸・息切れの改善に重要です。
動悸・息切れは、身体の各組織に酸素や栄養素をより多く送ろうとして発生します。貧血などで血液の酸素運搬能力が低下すると、動悸・息切れが起こります。このほか、過剰なストレスなどで自律神経が乱れると交感神経の働きが活発になります。交感神経の働きは血管を収縮させます。血管の収縮は血行の悪化を招き、酸素の不足から動悸・息切れが起こります。
蜂の子には、赤血球の生成に必要な成分、血管を拡張する成分、動脈硬化を予防して血管を健康に保つ成分が含まれています。蜂の子は血行促進に役立つことで、動悸・息切れを改善します。

赤血球生成に必要な鉄・銅・ピリドキシン

貧血の原因は、酸素を運ぶ役割を持つ赤血球の減少や機能低下です。
蜂の子には、赤血球の材料になる鉄、赤血球生成に必要な銅、赤血球生成を促進するビリドキシンが含まれており、これらの有効成分を同時に摂取できます。蜂の子に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれ、野菜などに含まれる非ヘム鉄と比較して2~3倍、体内への吸収率が高くなっています。蜂の子に含まれるビタミンCは、鉄の体内への吸収を促進する働きがあります。
蜂の子は、赤血球生成に重要な栄養素の摂取に優れた食品です。血液の酸素運搬能力を向上させることで、動悸・息切れの改善に役立ちます。

血行促進・血管の健康維持に有効な蜂の子成分

蜂の子に含まれるアルギニン・グリシン・ナイアシン・マグネシウムには血管を拡張する作用があり、血液の流れをスムーズにします。
アルギニン・メチオニン・リシン・タウリン・ビタミンB1・ビタミンB2・パントテン酸・オレイン酸・マグネシウムには、血液中の悪玉コレステロール値を下げる働きなどがあり、動脈硬化を予防して血行促進に役立ちます。

蜂の子は質のよい睡眠を促す

十分な睡眠は、動悸・息切れの改善に重要です。睡眠不足は自律神経の乱れや血行不良を引き起こすほか、ストレスへの対処を難しくします。十分な睡眠をとることができれば、自律神経の副交感神経が優位になり、血管が広がって血行が良くなります。
蜂の子には、質の良い睡眠を促す成分が含まれています。

高い安眠効果があるグリシン

蜂の子に含まれるグリシンは、高い安眠効果が確認されているアミノ酸です。血管を拡張する効果があり、入眠時に表面体温を高くすることで、体内の熱を放出して深部体温を下げます。入眠時の深部体温低下は、自然な睡眠を促します。

深い眠りをもたらすトリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸で、体内でメラトニンに変換されます。メラトニンは体内時計のリズムを整える物質で、睡眠時に深い眠りをもたらす効果があります。メラトニンは幼児期に最も多く分泌され、歳を取るごとに分泌量が減少します。年齢と共に睡眠時間が短くなるのは、メラトニンの分泌量低下が原因です。トリプトファン摂取は、質の良い睡眠をとるために重要です。

良質な睡眠を促すセリン

セリンは蜂の子に含まれるアミノ酸の一種で、良質な睡眠をもたらす効果があります。就寝前にセリンを毎日摂取する実験で、寝つきや睡眠の質が改善したとの報告があります。

蜂の子で動悸・息切れを改善

蜂の子には、ストレス軽減効果、血行促進効果、質のよい睡眠を促す効果があり、自立神経の乱れやストレスが原因の動悸・息切れの改善に役立ちます。身体に酸素を運ぶ赤血球の生成に必要な成分も豊富に含まれており、貧血を原因とした動悸・息切れにも効果的です。なかなか治まらない不安な動悸・息切れの症状に、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧