蜂の子で代謝を活性化

年齢と共に低下する身体の代謝。肥満や糖尿病などの生活習慣病を予防するためにも、代謝を活性化することは重要です。古くから健康食品として親しまれてきた「蜂の子」には、代謝向上に役立つ成分が豊富に含まれています。

代謝を増やすには

栄養素をエネルギーとして消費する代謝のうち、基礎代謝が全体の約70%を占めます。
基礎代謝とは、私たちがじっとしていても、生命維持のために最低限行われる代謝活動(エネルギー)のことです。具体的に言えば体温の維持や内臓の活動、血液の循環などがあります。
基礎代謝を増やすためには、筋肉量の増加、内臓機能の向上、血行の促進、自律神経の調整が重要です。脂肪・タンパク質・糖質といった栄養素の代謝はビタミンの働きによって行われるため、ビタミンの摂取も必須です。これらに対して蜂の子は効果的な成分を多く含んでいます。

蜂の子は代謝に必須のビタミンB群を含んでいる

ビタミンB群は代謝ビタミンと呼ばれ、身体に摂取された栄養素をエネルギーに変換するのに不可欠です。

糖の代謝を促すビタミンB1

蜂の子に含まれるビタミンB1は、糖質や脂肪酸の代謝に必要な成分です。エネルギーをつくることで筋肉や神経の機能を正常に保つ働きもあります。

皮膚の新陳代謝にも関わるビタミンB2

ビタミンB2は脂肪、糖質、タンパク質の代謝に必須のビタミンです。皮膚や粘膜の新陳代謝を促進する作用もあります。赤血球の生成にも関わるなど、身体全体の健康維持に不可欠の成分です。

アミノ酸の代謝にピリドキシン

ピリドキシンはビタミンB6に分類されます。ビタミンB6はアミノ酸の代謝に必須で、脂質の代謝にも関与しています。筋肉のタンパク質合成にも不可欠で、赤血球の生産を促進する作用もあります。

エネルギー供給に必須のナイアシン・パントテン酸

ナイアシンやパントテン酸はビタミンB群に含まれ、糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠です。皮膚や粘膜の炎症を防ぐ働きがあり、ナイアシンには神経症状を防ぐ作用もあります。

筋肉増加に効果的な蜂の子成分

全身の代謝エネルギーにおいて最も大きな割合を占めるのは筋肉が消費するエネルギーです。老化によって基礎代謝は低下する傾向にありますが、これは筋肉量の低下が主な原因です。
古くから貴重なタンパク源として食されてきた蜂の子には、筋肉の主成分であるアミノ酸が豊富に含まれています。人間が体内で合成できず、食事から摂取する必要のあるアミノ酸を必須アミノ酸と言います。この9種類ある必須アミノ酸の全てを蜂の子は含んでいます。蜂の子は筋肉の増加や維持に効果的な食品です。
筋肉の増加は体温の維持にも重要な役割を果たします。厚生労働省の書簡によれば、体温が1℃上昇するごとに代謝量が13%増加します。そのため、体温が高い人は基礎代謝が大きくなります。基礎代謝を活発にするために筋肉はとても重要です。

筋肉を構成するバリン・ロイシン・イソロイシン

バリン・ロイシン・イソロイシンは蜂の子に含まれる必須アミノ酸です。
人の筋肉に含まれる必須アミノ酸のうち、これらは約35%を占めており、筋肉を構成する主成分です。
筋肉は糖や脂肪、血液中のアミノ酸をエネルギー源として利用しています。これらのエネルギーが不足すると、筋肉は自らを分解し、エネルギー源として利用します。バリン・ロイシン・イソロイシンの摂取はこうした筋肉の分解を防ぎます。特にスポーツ栄養学で注目されており、疲労を抑える働きがあるほか、脂肪の燃焼を促す作用もあります。

ビタミンB群も筋肉維持に重要

前述の通り、ビタミンB群は糖質・タンパク質・脂質の代謝に関わる成分です。筋肉へのエネルギー供給に必須で、筋肉の増加・維持に役立ちます。これらの成分を一つの食品から同時に摂取できるのが蜂の子の利点です。

内臓機能を補助する蜂の子成分

身体のエネルギー代謝において内臓の占める割合は筋肉に次いで大きいです。特に肝臓の割合が大きく、内臓全体の約2割を占めます。内臓が健康的に機能することは代謝を高めるうえで重要です。

肝機能を補助するリシン

リシン(リジン)は必須アミノ酸で、肝臓の機能を強化する効果が確認されています。脂肪を消化する酵素の一つリパーゼを活性化して脂肪酸の代謝を助けるほか、糖の代謝を促進する働きもあります。

肝臓と胃腸を補助するトレオニン

トレオニンは必須アミノ酸です。肝臓に脂肪が蓄積するのを抑制する効果があり、不足すると胃腸障害を引き起こすことでも知られています。トレオニンは体内でエネルギー源となるグルコースの材料にもなります。

肝機能を強化するアラニン

アラニンは肝機能の保護やアルコール分解に役立つアミノ酸です。肝臓でのグルコース産生を補助する役割もあります。

消化酵素を活性化するプロリン

プロリンはアミノ酸で、脂肪を分解する消化酵素リパーゼを活性化し、脂肪の代謝を促進する働きがあります。心臓の筋肉の合成に関わる成分でもあるため、血流にも大きく関わっています。

血行促進に効果的な蜂の子成分

身体の各組織に必要な酸素や栄養素は血液によって運ばれており、代謝と血行は密接な関係にあります。体温を高めて基礎代謝を増やすうえでも血行は重要です。蜂の子には、血行促進や血管の健康維持に重要な成分が多く含まれています。

血行促進と脂肪代謝にアルギニン

蜂の子に含まれるアミノ酸の一種アルギニンは、体内で一酸化窒素を生成する材料になります。一酸化窒素は血管を拡張する作用があります。アルギニンには脂肪代謝を促進する働きもあります。

血管を拡張するグリシン

グリシンは美肌効果などで有名な必須アミノ酸ですが、血管を拡張する効果もあります。

動脈硬化を防ぐメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸の一つで、血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。

血行促進にナイアシン

ビタミンの一種ナイアシンには、悪玉コレステロールの値を低下させ、血行をよくする効果があります。

糖尿病予防にマグネシウム

マグネシウムには糖尿病を抑制する効果があることが研究で確認されています。糖尿病は血流の悪化を招きます。マグネシウムの欠乏は糖や脂質の代謝を低下させるほか、動脈硬化を引き起こします。

血行にも影響するリシン

リシンは肝機能を補助します。リシンが不足すると血中に飽和脂肪酸やコレステロールが増えやすくなり、血行に悪影響を与えます。

血液に必須の鉄

鉄は赤血球の材料になります。蜂の子に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれ、野菜などに含まれる非ヘム鉄と比較して2~3倍、体内への吸収率が高くなっています。
蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を助ける働きがあります

自律神経の調整に蜂の子成分が役立つ

自律神経は代謝と深く関わっています。過剰なストレスなどで自律神経のバランスが崩れると、体温が低くなり代謝が低下することが知られています。また、自律神経そのものが代謝機能に関係していることが研究で明らかになっています。例えば交感神経は、肝臓でのグルコース産生と心臓や筋肉でのグルコース消費を制御しています。
蜂の子にはストレスを軽減して自律神経のバランスを整える成分が豊富に含まれています。

ストレスホルモンの材料フェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスホルモンの材料になります。これらはストレスに対処し、気力や集中力を維持するのに必要です。

セロトニンの材料トリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる働きがあります。

ストレス軽減に必須のミネラル

カルシウム、マグネシウム、亜鉛といった蜂の子に含まれるミネラルもストレス軽減に役立ちます。
カルシウムやマグネシウムが精神の安定に重要なことはよく知られています。マグネシウムはセロトニンの生成にも不可欠です。
亜鉛は身体のさまざまな機能に関わりますが、ノルアドレナリンなどストレスホルモン生成にも必須です。

ストレス時に必要なビタミンC

ビタミンCは、ストレス時に分泌される副腎皮質ホルモンの生成に使われます。ビタミンCにはミネラルの吸収を促進する働きもあります。

蜂の子で代謝を促進

代謝の活性化には、筋肉量の増加、内臓機能の向上、血行の促進、自律神経のバランスが重要です。蜂の子にはこれらに効果的な成分が豊富に含まれています。糖・タンパク質・脂肪の代謝に必須のビタミンも含まれており、代謝の活性化に役立ちます。ダイエットに、糖尿病や高血圧といった生活習慣病を防ぐために、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧