蜂の子で質の良い睡眠を手に入れる

布団に入ってもなかなか寝付けない。やっと眠れても途中で起きてしまう...毎日の疲れが取れずに生活に支障をきたす不眠の症状。古くから健康食品として親しまれてきた「蜂の子」には、不眠症状の改善に効果的な成分が豊富に含まれています。

質の良い睡眠を促す蜂の子成分

蜂の子には、質の良い睡眠を促すことが研究で確認されている成分が含まれています。これらの成分を具体的にみていきましょう。

自然な睡眠を促すグリシン

グリシンは蜂の子に含まれるアミノ酸の一種で、高い安眠効果が確認されています。全く別の研究においてプラセボ薬(効果のない偽薬)としてグリシンが使われ、グリシンを服用した被験者の睡眠の質が改善されたことから、グリシンの安眠効果に注目が集まりました。
グリシンは、まず入眠時に効果を発揮します。人は眠りに入る際、身体の温度を下げようとします。グリシンには血管を拡張する作用があり、表面体温を上げて身体の熱を放出します。グリシンの働きで身体の深部体温が下がることにより、自然な睡眠がもたらされます。
グリシンには深い眠りをもたらす効果もあります。睡眠は、深いノンレム睡眠と浅いレム睡眠が交互に訪れます。グリシンには、この睡眠のサイクルを整えてノンレム睡眠の時間を増加させる働きがあります。
睡眠が満足に取れていない人を対象にした実験で、グリシンを含む食事を摂取させた結果、睡眠の質が改善され、グリシンを摂取しなかった人に比べて日中の作業効率が向上したという報告があります。
グリシンは食物から摂取できるほか、体内でトレオニンやセリンから生成されます。蜂の子にはグリシンの材料になるトレオニンとセリンも含まれています。

精神安定と深い睡眠にトリプトファン

トリプトファンは蜂の子に含まれる必須アミノ酸で、体内でセロトニンとメラトニンの材料になります。
トリプトファンは、ナイアシンやマグネシウム、ビタミンB6とともに、脳でセロトニンに変換されます。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神を安定させる効果や寝つきを良くする効果があります。蜂の子には、セロトニン生成に必要なナイアシン、マグネシウム、ビタミンB6のピリドキシンも含まれています。
メラトニンはセロトニンから合成され、体内時計を調整する働きがあります。レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを正常にして、深い睡眠を促します。
トリプトファン→セロトニン→メラトニンという流れで合成されるので、セロトニン・メラトニンを不足しないためには、トリプトファンの摂取が重要です。

睡眠の質を高めるセリン

セリンはアミノ酸の一種で、脳を構成する神経細胞の材料になります。脳や神経の働きに深く関与しており、良質な睡眠をもたらす効果があります。
十分な睡眠がとれていない人に、就寝前にセリンを摂取させる実験を行ったところ、寝つき、途中で起きる回数、睡眠の満足度などに改善がみられたことが報告されています。

蜂の子はストレスを軽減して質の良い睡眠を促す

ストレスは質の良い睡眠を妨げます。ストレス状態にあると、ストレスに対抗するために副腎皮質刺激ホルモンのコルチコトロピンが分泌されます。このホルモンには睡眠を抑制する作用があります。
蜂の子には、ストレスを軽減する成分が含まれており、睡眠を妨害するホルモンの分泌を抑制して、質の良い睡眠を促します。

蜂の子のストレス軽減効果が研究で確認されている

岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子を使用した実験を行い、蜂の子には血中のコルチゾール値を低下させる効果があることを報告しています。コルチゾールはストレスに反応して分泌されるホルモンです。蜂の子のストレス軽減効果が、この実験から確認できます。

ストレスに効果的な蜂の子成分

フェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつで、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の材料になります。これらはストレス下での気力や集中力の維持に役立ちます。
トリプトファンから生成されるセロトニンには精神を落ち着かせる働きがあり、ストレスの軽減に役立ちます。アメリカでは、うつ症状の改善薬として処方されることもある成分です。
メチオニンは必須アミノ酸で、ドーパミンやセロトニンの生成を促進する働きがあり、ストレス軽減に役立ちます。
ビタミンの一種ナイアシンには、精神不安を防ぐ働きがあります。
ビタミンB1は糖の代謝に必須で、脳にエネルギーを供給してストレス対処に役立ちます。中枢神経および末梢神経の機能を正常に保つ作用もあります。
カルシウムは神経の伝達に深く関わっており、精神を安定させる作用があります。
マグネシウムはセロトニンの生成に不可欠です。

不眠をもたらす疾患に蜂の子が効果的

耳鳴りや更年期障害は、不眠症状を引き起こします。蜂の子成分は、これら不眠をもたらす疾患にも効果的です。

蜂の子は耳鳴りを改善して質の良い睡眠を促す

不快な耳鳴りは、質の良い睡眠を妨げます。蜂の子は耳鳴り症状の改善に効果的です。

蜂の子の耳鳴り改善効果が実験で確認されている

中国の北京医科大学と天津医科大学は、耳鳴りやめまい症状をもつ47人の患者に蜂の子を摂取させる実験を行いました。その結果、75%の被験者に耳鳴り症状の大幅な改善がみられたと報告しています。

耳鳴りを改善する蜂の子成分

耳鳴りの症状改善には、内耳の健康維持が重要です。ストレス軽減効果や質の良い睡眠を促す効果がある蜂の子は、内耳の健康維持に役立ちます。
耳鳴り症状に処方される薬は、主に内耳の血行促進を目的としています。蜂の子に含まれるアルギニン、グリシン、メチオニンといった成分には血管を拡張する働きがあり、血行を促進して耳鳴り症状の改善に役立ちます。

不眠をもたらす更年期障害に蜂の子が有効

更年期障害の症状のひとつに不眠があります。更年期障害は、閉経前後に女性ホルモンの分泌が急激に減ることで起こります。ホルモンバランスが乱れることで、無意識のうちに心身を調整している自律神経のバランスが乱れ、不眠や情緒不安などの症状が起こります。
蜂の子が持つストレス軽減効果や血行促進効果は、乱れた自律神経の状態を改善するのに役立ちます。蜂の子は、自律神経のバランスを調整して、更年期障害の諸症状を緩和します。

貧血の改善に蜂の子が効果的

貧血症状のひとつに不眠があります。貧血は、赤血球を構成するヘモグロビンが減少して、血液の酸素運搬能力が低下した状態です。身体の各組織に十分な酸素が届かないため、不足している酸素を補おうとして動悸・息切れなどの症状が起こります。動悸などの症状は不眠を招きます。
蜂の子には、ヘモグロビンの材料となる鉄とタンパク質が豊富に含まれています。赤血球の生成に不可欠な亜鉛・銅、赤血球の生成を促進するピリドキシンも蜂の子には含まれています。
蜂の子は赤血球生成を促進して貧血を改善し、貧血症状のひとつである不眠の解消に役立ちます。

うつ病が原因の不眠に蜂の子が有効

うつ病の代表的な症状のひとつに不眠があります。
うつ病の原因は特定されていませんが、脳や神経で働く神経伝達物質の機能低下や、ストレスが深く関係していると考えられています。
蜂の子には、うつ症状の改善薬にも使われるセロトニンの材料トリプトファンや、神経伝達物質の材料となるフェニルアラニン、精神の安定に役立つ各種成分が豊富に含まれており、うつ病の症状改善に役立ちます。蜂の子は、うつ病が原因の不眠症状の改善にも効果的です。

蜂の子で快眠生活

蜂の子には、高い安眠効果が確認されている成分が豊富に含まれています。ストレスを軽減する効果もあり、睡眠の質の向上に役立ちます。耳鳴りや更年期障害など、不眠をもたらす各種疾患の改善にも蜂の子は効果的です。不眠を改善して、心地よい睡眠を手に入れるために、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧