蜂の子とワーファリンの併用に注意

蜂の子は古くから滋養強壮に効果的な健康食品として親しまれてきました。蜂の子は高い健康効果をもつ一方で、特定の薬と同時に摂取すると、蜂の子に含まれる成分が薬の効果を弱める場合や、逆に強める場合があります。こうした蜂の子成分との相互作用に注意すべき薬のひとつにワーファリンがあります。

ワーファリンとは

ワーファリンは血液を固まりにくくする薬です。血液を凝固させる作用のあるビタミンKの働きを阻害して、血栓ができるのを防ぎます。静脈血栓、心筋梗塞、肺塞栓などの症状の治療や予防に使われます。
ワーファリンは用量に細心の注意が必要なことで知られています。少ないと血栓を防げず、多すぎると血が止まらなくなり、内出血や肝機能障害などを引き起こします。ワーファリンの効果に影響を与える薬や食品成分の種類も多く、これらとの相互作用にも気をつけなければなりません。

蜂の子とワーファリンの関係

蜂の子とワーファリンの併用は注意が必要

蜂の子には多くの滋養強壮効果があり、血行を促進する成分も豊富に含まれています。ワーファリンと血行促進効果があるものを同時に摂取すると、万が一出血した場合に、血が止まりにくくなる恐れがあります。血行促進効果は健康にとても役立ちますが、ワーファリンを飲んでいる場合は注意が必要です。
ワーファリンは、他の薬や食品成分との相互作用が起こりやすい薬として知られており、特に気をつける必要があります。蜂の子に限らず、薬やサプリなどをワーファリンと併用する場合は、必ず医師の判断を仰いでください。

ワーファリンに関係する蜂の子成分

蜂の子には身体の血行を促進する成分が数多く含まれているため、ワーファリンとの併用に注意が必要です。

血管を拡張する成分

蜂の子に含まれるアルギニンやグリシンには、血管を拡張する働きがあります。
アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で一酸化窒素を生成する材料になります。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、血液の流れをスムーズにします。
グリシンはアミノ酸の一種で、血管を拡張して血行を促進する働きがあります。血管を拡張して体内の熱を放出する作用があり、睡眠前にグリシンを摂取すると高い安眠効果があることでも知られています。
蜂の子に含まれるミネラルのマグネシウムには、動脈を広げて血流をスムーズにする働きがあります。

血液中のコレステロールを減らす成分

蜂の子には、脂質をエネルギーに変換するのを補助する成分や、脂肪の代謝に重要な肝臓の機能を活発にする成分が多く含まれています。これらの働きをもつ成分には、メチオニン・リシン・タウリン・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・パントテン酸が挙げられます。これらは血液中の悪玉コレステロール値を下げ、血液をサラサラにして血行を促進します。
蜂の子には脂肪酸も含まれていますが、蜂の子に含まれる脂肪酸のうち、オレイン酸が半分近くを占めます。オレイン酸はオリーブオイルなどに含まれることで知られ、血液中の悪玉コレステロール値を低下させる働きがあり、血行促進に役立ちます。

以上のように、蜂の子には血行を促進する成分が豊富に含まれているため、ワーファリンとの併用には注意が必要です。ワーファリン服用時に蜂の子サプリなどを使用したい場合には、必ず医師に相談して判断を仰いでください。

ワーファリンは効果が持続する

ワーファリンは、ビタミンKの働きを阻害して、血液を凝固させる物質の生成を抑えます。こうした物質の生成には時間がかかるため、飲み始めてからワーファリンの効果が現れるまでに3~4日程度かかります。また、ワーファリンの服用を中止しても、4~5日は血が止まりにくくなる効果が持続します。服用を中止してもしばらくの間は、他の薬や食品の成分に気をつけ、出血しないよう怪我などに注意する必要があります。

ワーファリン服用時に食べてはいけない食品

ワーファリンはビタミンKの働きを抑える薬です。そのため、ビタミンKを多く含む食品との併用は固く禁止されています。ワーファリンを服用中に口にしてはいけない食品には、納豆、クロレラ、青汁、抹茶などが挙げられます。
緑色の野菜や海藻類にもビタミンKが含まれているため、これらを食べ過ぎないよう注意することも必要です。

蜂の子との併用に注意するべき他の薬

ワーファリン以外にも、蜂の子と同時に摂取するのを避けたほうが良い薬があります。
パーキンソン病治療薬のレボドパは、蜂の子に含まれるピリドキシンの働きで分解が促進されます。ピリドキシンと同時に摂取した場合、有効成分が脳に到達する前に分解されてしまい、薬の効き目が弱くなります。
感染症の治療薬として使われる抗生物質の一部には、カルシウムやマグネシウムによって効果が弱まるものがあります。蜂の子にはカルシウムとマグネシウムが含まれ、こうした抗生物質との同時摂取に注意する必要があります。
これらの薬を服用している場合は、蜂の子サプリなどの摂取に関して、必ず医師に相談して判断を仰いでください。

まとめ

蜂の子には多くの滋養強壮効果がある一方で、併用に注意が必要な薬があります。その代表例が血栓治療薬のワーファリンで、血行促進効果がある蜂の子と併用すると血が止まりにくくなる恐れがあります。ワーファリン服用時はビタミンKを多く含む食品の摂取が禁じられていますが、蜂の子の摂取にも注意が必要です。ワーファリン以外にも蜂の子成分と相互作用を起こす薬があります。病気の治療などで薬を服用している場合は、蜂の子サプリなどを摂取する前に、必ず医師に相談して判断を仰いでください。

関連情報一覧