蜂の子は男性の悩みに効果的

古くから滋養強壮に効果的な健康食品として親しまれてきた「蜂の子」。蜂の子には、特に男性に嬉しい効果を持つ成分が豊富に含まれています。

蜂の子には男性に嬉しい効果がある

蜂の子には、血行促進効果や睡眠改善効果など、たくさんの滋養強壮効果があります。その中でも、特に男性に嬉しい効果には以下のようなものが挙げられます。

  • 男性機能の向上
  • 薄毛や白髪の予防
  • 筋肉増加と疲労回復
  • 生活習慣病の予防

これらの効果について、具体的に見ていきましょう。

男性に嬉しい蜂の子効果

男性機能の向上

男性にとって大事な男性機能を向上させる働きが、蜂の子にはあります。蜂の子には、血行促進、男性ホルモン分泌促進、自律神経のバランス補助、精子量の増加効果などがあり、男性機能向上に役立ちます。

蜂の子は血行を促進する

男性器の勃起は、海綿体に血液が流れ込むことで起こります。ED(勃起不全)治療薬の主な効果は血行促進です。こうした薬品は、陰部付近の血管を拡張して血流量を増やすことで、男性器の機能を向上させます。蜂の子には、血行を促進する成分が含まれています。
アルギニンは蜂の子に含まれるアミノ酸の一種で、精力剤にも配合されています。勃起不全患者が継続してアルギニンを摂取したところ、性機能の改善がみられたとの報告があります。アルギニンは体内で一酸化窒素に変換されます。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、男性器の勃起の際にも分泌される成分です。
蜂の子に含まれるグリシン、ナイアシンにも血管を拡張する働きがあり、血行を促進して男性機能の向上に役立ちます。

蜂の子はテストステロン分泌を促す

男性機能に欠かせないのが、男性ホルモンのテストステロンです。筋肉増大や骨格の発達にかかわる物質で、性欲や性衝動を発生させる働きもあります。
蜂の子に含まれるバリン・ロイシン・イソロイシンは筋肉の主成分となるアミノ酸で、筋肉の維持・増加に必須です。筋肉とテストステロンの分泌量は関連しており、筋肉が減少するとテストステロンの分泌量は下がってしまいます。蜂の子は筋肉の増加を助けて、テストステロン分泌を促進します。
蜂の子に含まれる亜鉛は「性のミネラル」と呼ばれ、テストステロンの分泌量を高める働きがあります。亜鉛は動物性タンパク質やビタミンCと摂取すると吸収率が上がるという特徴があります。蜂の子はこれらを同時に摂取できるため、亜鉛摂取に適しています。

蜂の子は自律神経のバランス維持に役立つ

身体を無意識のうちに調整している自律神経の働きは、男性機能と深く関係しています。
自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、活動時や昼に交感神経が活発になり、休息時や夜に副交感神経が活発になります。副交感神経の働きは血管を拡張するため、男性器の勃起は副交感神経が優位のときに起こりやすくなります。ストレスや緊張で勃起不全がおこるのは、交感神経が優位になって血行が悪化するためです。
蜂の子にはストレスを軽減する効果があり、自律神経のバランス維持を助けて、男性機能を向上させます。蜂の子には、フェニルアラニンやトリプトファンなど、体内で神経伝達物質の材料になる成分が含まれています。これらは精神を安定させ、ストレスを軽減する効果があります。蜂の子のストレス軽減効果は、大学病院の研究でも確認されています。
蜂の子に含まれるグリシン、トリプトファン、セリンには、質の良い睡眠を促す効果があります。グリシンは自然な睡眠を促し、トリプトファンは体内時計の調節を助けて深い睡眠を促します。セリンは睡眠の質を改善するという実験報告があります。十分な睡眠は副交感神経を活発化して、自律神経のバランス維持に役立ちます。

蜂の子は精子量を増加させる

精子や精液の量は、男性機能に重要です。
蜂の子に含まれる亜鉛は、精液や精子に多く含まれるミネラルで、精子の生成に不可欠です。亜鉛はテストステロンの分泌を促進する作用もあり、テストステロンは精子の生産を活発にします。
精子は主にタンパク質で出来ており、蜂の子にはタンパク質を生成するためのアミノ酸が豊富に含まれています。蜂の子は精子の生成に役立ちます。
十分な睡眠もテストステロン分泌には欠かせません。蜂の子の睡眠を補助する効果は、テストステロンの分泌を促して、精子の生成を活発にします。

薄毛や白髪の予防

蜂の子は、男性を悩ませる薄毛や白髪といった髪の悩みに効果的です。血行不良やストレス、睡眠不足は、髪を生み出す毛母細胞に悪影響を与えて、薄毛などの原因になります。蜂の子の血行促進効果、ストレス軽減効果、質の良い睡眠を促す効果は毛母細胞の健康維持を助けて、薄毛・白髪の予防に役立ちます。

蜂の子は薄毛を予防する

ストレス軽減効果や質の良い睡眠を促す効果以外にも、蜂の子には薄毛予防に効果的な成分が含まれています。
髪の毛のほとんどは、アミノ酸が結合したケラチンというタンパク質で出来ています。ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されており、蜂の子にはこの18種類のアミノ酸全てが含まれています。
メチオニンは蜂の子に含まれる必須アミノ酸で、毛髪の健康を維持する働きがあります。メチオニン不足は抜け毛の原因になります。
薄毛を引き起こす物質として、ジヒドロテストステロンというホルモンが知られています。このホルモンは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されたものです。蜂の子に含まれる亜鉛には、この5αリダクターゼの働きを抑制する作用があり、薄毛予防に役立ちます。
東京医科歯科大学の研究グループは、毛根を保護している特定のコラーゲンの欠乏が薄毛の原因になるという研究報告を行っています。コラーゲンの生成は薄毛予防に重要です。蜂の子には、コラーゲンの材料になるグリシンなどのアミノ酸と、コラーゲン生成に必要なビタミンCが含まれています。蜂の子成分は毛根の保護に役立つことで薄毛を予防します。

蜂の子は白髪を予防する

髪の毛の黒さは、頭皮にある幹細胞がメラニンという色素を生成することで生まれます。加齢やストレスでこの幹細胞の機能が失われると、髪の毛が白くなります。
髪を黒くするメラニン色素は、アミノ酸のチロシンとチロシナーゼと呼ばれる酵素によって作られます。チロシナーゼ生成にはミネラルの銅が必要です。蜂の子にはチロシンと銅の両方が含まれています。
日々の呼吸で発生する体内の活性酸素も、増えすぎると白髪の原因になります。活性酸素のひとつ過酸化水素が、メラニンの生成に必要なチロシナーゼを壊してしまうためです。蜂の子には、過酸化水素を無害化する働きのあるビタミンCが含まれています。過酸化水素はカタラーゼという酵素によっても中和されます。蜂の子には、カタラーゼの生成に必要な鉄が含まれています。これらの成分は増えすぎた過酸化水素を身体から取り除き、白髪の予防に役立ちます。

筋肉増加と疲労回復

蜂の子には、筋肉を増やす成分や、疲労回復に役立つ成分が豊富に含まれています。男性は肉体労働を行う機会も多く、筋肉は男性ホルモンのテストステロンの分泌を促す働きもあるため、これらの効果は男性にとって重要です。

筋肉増加に役立つ蜂の子成分

蜂の子に含まれる必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンは、筋肉を構成する主成分です。筋肉に含まれる必須アミノ酸のうち約35%をこれらが占めています。血液中のエネルギーが不足すると、筋肉は自らを分解してエネルギーをつくりだします。バリン・ロイシン・イソロイシンの摂取はこうした筋肉の分解を防ぎ、筋肉の維持・増加に役立ちます。
このほかにも、蜂の子には身体に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。蜂の子には、身体で生成できず食物から摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸全てを含む19種類のアミノ酸が含まれています。

疲労回復に役立つ蜂の子成分

イソロイシンは、筋肉のエネルギー源となるグリコーゲンを身体に貯蔵する働きがあります。イソロイシンの不足はグリコーゲン不足を招き、エネルギー不足から筋肉疲労を起こします。イソロイシンには脳の疲労感を軽減する働きもあります。
アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、疲労物質の乳酸の分解を助ける働きがあります。
パントテン酸はビタミンB群に分類され、疲労感、不眠、食欲不振などの症状を防ぎ、疲労回復を補助します。
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ピリドキシンは、蜂の子に含まれるビタミン類です。これらは糖・脂質・タンパク質をエネルギーに変換するのに不可欠な成分で、筋肉や脳にエネルギーを供給して、疲労感の軽減と疲労回復に役立ちます。
マグネシウムとカリウムは、筋肉疲労の原因となる乳酸の分解に必須です。

生活習慣病の予防

厚生労働省の調査によれば、男性は女性に比べて心筋梗塞、がん、痛風、アルコール性肝炎などの生活習慣病にかかる割合が高くなっています。蜂の子は生活習慣病の予防・改善に効果的です。

蜂の子は脂肪の代謝を活発にして生活習慣病を予防する

蜂の子には、脂肪の代謝を促進する成分や肝臓の機能を助ける成分が豊富に含まれています。これらは血液中のコレステロール値を下げ、心筋梗塞の原因となる動脈硬化を防ぎます。
タウリンはアミノ酸の一種で、肝臓の胆汁酸の分泌や肝細胞の再生を促進する働きがあります。メチオニンは肝臓の代謝機能を助けます。
マグネシウムは酵素の働きを助け、脂質・糖・タンパク質の代謝を活発にします。
ナイアシン、オレイン酸、パントテン酸には、血液中の悪玉コレステロール値を低下させる働きがあり、動脈硬化を予防します。

蜂の子はストレスを軽減してがん予防に役立つ

国立がん研究センターは、40-69歳の男女約10万人を対象にして、がんとストレスの関係について調査を行っています。その結果、ストレスレベルが高いと、がん発症のリスクが高くなり、特に男性でこの関連性が高いことが明らかになっています。
蜂の子には神経伝達物質の材料となる成分が含まれており、ストレス軽減に役立ちます。蜂の子のストレス軽減効果は、がん予防につながります。

蜂の子はストレスを軽減して生活習慣病を予防する

ストレスの軽減は、がん以外の生活習慣病の予防にも役立ちます。
ストレスは自律神経の交感神経を活発にします。交感神経の働きは血管を収縮させるため、血が流れにくくなって血圧が上昇します。ストレス時にはストレスに対抗するためにコルチゾールというホルモンが分泌され、このホルモンには血糖値を上昇させる働きがあります。こうした反応はストレスに対処するために必要ですが、ストレス状態が長く続くと、高血圧や糖尿病を招きます。
蜂の子のストレス軽減効果は、副交感神経を活発にして血圧を低下させるほか、コルチゾールの分泌量低下を促して高すぎる血糖値を抑制します。これらの効果により、蜂の子は高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

男性に嬉しい効果がある蜂の子

蜂の子には、男性機能の向上、薄毛・白髪の予防、筋肉増加、生活習慣病の予防といった男性に嬉しい効果があります。いつまでも若々しく、健康的な毎日を送るために、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧