耳鳴りを蜂の子で改善!

実際にはない音を感じてしまう不快な耳鳴り。医師に診察してもらっても、多くの場合、耳自体に異常が見つからず、対処に困る方が多い症状です。
今回は、そんなつらい耳鳴りに効果的な「蜂の子」について解説します。

耳鳴りの原因

耳鳴りが起こる原因はさまざまですが、脳腫瘍など危険な病気が潜んでいることもあるため、まずは医師の診察が必要です。耳鳴りの原因が中耳炎などの病気だった場合、適切な治療を受ける必要があります。しかし、多くの場合、耳や脳に異常は見つかりません。
こうした病気原因以外の耳鳴りは、ストレス・疲労・睡眠不足による自律神経の乱れ、耳付近の血流悪化と深く関係しています。ストレスの軽減、質の良い睡眠、血行の促進が症状の改善に重要で、精神状態を落ち着かせる心理療法、薬物療法なども行われています。

研究で耳鳴りに対する蜂の子効果が証明されている

大学病院の研究で、蜂の子の耳鳴りに対する効果が確認されています。
岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用した実験を行い、耳鳴りに伴う不安や苦痛の緩和、聴力レベルの改善、血中コルチゾール値の低下といった効果が蜂の子にあることを発表しました。
コルチゾールはストレスによって発生するホルモンです。血中コルチゾール値は難聴の治療の際に指標として使われ、耳鳴りや難聴の症状を持つ人は血中コルチゾール値が高い傾向にあります。
中国の北京医科大学と天津医科大学の共同臨床研究でも、蜂の子成分の有効性が確かめられています。1日3回蜂の子の粉末50mgを摂取させた結果、70%以上の患者に耳鳴りやめまいの改善効果があったとの研究報告があります。
蜂の子には聴覚や耳鳴りに影響が大きい亜鉛が含まれています。難聴者の中に血中の亜鉛値が低下しているケースがあり、亜鉛を投与したところ聴力や耳鳴りが改善したとの研究報告があります。

耳鳴りに有効な蜂の子成分

耳鳴りの症状改善には、ストレスの軽減・質の良い睡眠・血行の促進などが重要です。蜂の子にはこれらに効果的な栄養素が多く含まれています。

ストレス軽減に効く蜂の子成分

ストレス軽減に効果的な蜂の子成分には、フェニルアラニン・トリプトファン・メチオニン・チロシン・ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・マグネシウム・亜鉛が挙げられます。
フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つで、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスに対処するホルモンの材料になります。
トリプトファンは体内でセロトニンの材料になります。セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンを調節し、精神を落ち着かせる効果があります。
メチオニンはドーパミンやセロトニンの生成を促進します。
チロシンはアミノ酸の一つで、ストレス条件下の人間に投与した実験で、気分や認識作用の改善がみられたとの報告があります。
ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換するのに必要で、神経を正常に働かせる機能があります。ビタミンB1摂取は脳のエネルギー不足からくるイライラを防止します。
ビタミンCはストレスホルモンの一つアドレナリンの合成に必要なほか、ミネラルの吸収を助けます。
カルシウムは精神の安定に重要なことがよく知られています。マグネシウムや亜鉛は神経伝達物質を作るのに必須です。
以上のように、蜂の子にはストレス軽減に有効な栄養素が豊富に含まれています。これらを一つの食品で摂取することができるのが、蜂の子の大きなポイントです。

質の良い睡眠を促す蜂の子成分

質の良い睡眠に効果的な蜂の子成分としては、グリシン・トリプトファンが挙げられます。
グリシンは美肌効果などで有名な必須アミノ酸ですが、安眠効果も重要です。グリシンは血管を拡張する効果があるため、体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。
トリプトファンは体内でメラトニンの材料になります。メラトニンは体内時計のリズムを調整する物質です。幼児期に多く分泌され、歳を取るごとに減少します。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。メラトニン不足にならないことは、質の良い睡眠に重要です。

血行を促進する蜂の子成分

血行不良を改善する蜂の子成分としては、アルギニン・ピリドキシン・ナイアシン・タウリン・メチオニン・ビタミンB2が挙げられます。
アルギニンは体内で一酸化窒素を生成する材料になります。一酸化窒素には血管を拡張し血流を促進する作用があります。
ピリドキシンはビタミンB6に分類され、赤血球の生産を促進します。動脈硬化の原因となるホモシステインという物質を血液中から減少させる効果もあります。
ナイアシンには悪玉コレステロールの値を低下させ、血行を良くする効果があります。
タウリンは細胞を正常に保ち、血圧を安定させます。
メチオニンは血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。
ビタミンB2は赤血球の形成、皮膚や粘膜などの正常な維持に必要な栄養素です。血管の健康維持に重要です。

耳鳴り症状には蜂の子がお勧め

医師にかかっても明確な原因が分からない耳鳴り症状には、蜂の子に含まれる多くの成分が有効です。耳鳴りに対する蜂の子の効果は大学研究でも明らかにされています。多くの効果的な栄養素を、薬でなく食品から摂取できるという点も安心です。つらい耳鳴りに、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧