蜂の子は精力アップに効果的

男性にとって、とても大事な男性機能。古くから滋養強壮に効果的な食品として親しまれてきた「蜂の子」には、精力を高めて男性機能を向上させる成分が豊富に含まれています。

男性機能を向上させるには

男性機能の向上には、血流改善、男性ホルモン分泌、自律神経のバランス調整、精子量の増加が重要です。このそれぞれについて蜂の子成分は効果的です。まずはこれらが男性機能に与える影響をみていきましょう。

血流改善は男性機能に欠かせない

男性器の勃起は、男性器の海綿体に流れ込んだ血液によって起こります。力強い勃起や勃起の持続には、スムーズな血流が欠かせません。
ED(勃起不全)治療薬として処方される薬の効果は、この血流促進です。こうした薬品は陰部付近の血管を拡張させ、血流量を増やすことで男性器を機能させます。
蜂の子には血管を拡張して血流を促す成分や、血管を健康に保つ成分が多く含まれており、男性器の機能向上に役立ちます。

男性機能の基礎となるテストステロン

男性器の勃起に欠かせないのが、男性ホルモンの大部分を占めるテストステロンです。筋肉の増大や骨格の発達、男性器の発育に関わるほか、性欲や性衝動を起こす働きがあります。テストステロンは、ドーパミンと呼ばれる興奮作用のある神経伝達物質の分泌を促し、骨盤神経に作用して男性器の勃起を起こします。
テストステロンは20-24歳をピークとして、加齢と共に分泌量が減少する傾向にあります。これが加齢による精力の減退をもたらします。
テストステロンはストレスを受けた状態では分泌量が低下します。十分な睡眠をとることもテストステロン分泌に不可欠です。テストステロンは脂肪酸を原料としており、栄養の摂取も重要です。
蜂の子には、ストレス軽減・睡眠促進効果のある成分が豊富に含まれ、良質な脂肪酸も摂取できます。蜂の子はテストステロン分泌促進に適した食品です。

自律神経の働きが男性機能に影響

自律神経のバランスは、男性器の勃起に深く関わっています。
自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、それぞれがバランスを取りながら働いています。活動時には交感神経が活発になり、休息時には副交感神経が活発になります。
副交感神経の活動は血管を拡張させるため、男性器の勃起は副交感神経が優位の場合に起こりやすくなります。ストレスや緊張で勃起不全が起こるのは、交感神経が活発になっているのが原因です。
副交感神経を活発にして男性機能を向上させるためには、ストレスを軽減して十分な睡眠をとり、身体と精神をリラックスさせることが重要です。蜂の子にはこれらを助ける成分が多く含まれています。

精子量は男性機能に直結

精液や精子の量も男性機能には重要です。年齢とともに精液の量、精子濃度、精子の運動性などは低下していく傾向にあり、これを補う必要があります。
精子の生産には男性ホルモン分泌とともに、精子の材料となる栄養素の摂取が重要です。蜂の子にはこれらの栄養素が豊富に含まれています。
過度なストレスや睡眠不足を防ぎ、バランスの取れた食事から健康的な生活を維持することも、精子の生産に役立ちます。

精力アップに効果的な蜂の子成分

男性機能の向上に有効な蜂の子成分を具体的に見ていきましょう。

性機能向上にアルギニン

蜂の子に含まれるアミノ酸の一種アルギニンは、精力剤の多くにも配合されており、精力向上の代表的成分です。勃起不全患者がアルギニンを継続的に摂取した結果、性機能の改善がみられたとの研究報告があります。
アルギニンは体内で一酸化窒素を生成する材料になります。脳が性的興奮を感じると、陰部付近に一酸化窒素が分泌されます。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、これにより男性器が充血して勃起します。アルギニンは男性器の機能に欠かせません。
アルギニンには成長ホルモンの分泌促進効果があり、精子の生産を助ける働きもあります。免疫機能の向上、脂肪代謝の促進など多くの機能にも関与しており、健康維持にも重要な役割を果たす成分です。

性のミネラル亜鉛

亜鉛は「性のミネラル」とも呼ばれ、多くの精力剤に配合されるなど、精力向上に欠かせない成分です。亜鉛の摂取はテストステロンの分泌を高め、精子生成促進や性欲増進の効果があります。精液や精子に多く含まれる成分でもあり、精子生成に不可欠です。
亜鉛は血液にも深く関わっていて、赤血球の生成に必須です。そのほか体内に千数百あるといわれる酵素のうち300種以上に必要とされており、健康維持に欠かせません。
亜鉛は動物性タンパク質と同時に摂取すると吸収率が上がるという特徴があります。亜鉛と動物性タンパク質を一つの食品から摂取できる蜂の子は、亜鉛摂取に適しています。

ストレス軽減と勃起に関わるフェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質の材料になります。これらはストレスホルモンと呼ばれ、ストレス時の気力や集中力の維持に必要です。ドーパミンは男性器を勃起させる際にも分泌されます。

血行促進・睡眠にグリシン

グリシンはコラーゲンの原料となり、美肌効果などで有名な必須アミノ酸です。グリシンには血管を拡張させる効果もあります。高い安眠効果も注目されており、寝る前に摂取すると、血管拡張から体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。
十分な睡眠はストレスの緩和に重要で、ストレスからくる男性機能障害の予防や改善に役立ちます。

ストレス軽減・睡眠にトリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニン、メラトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは、体内時計・神経内分泌・睡眠・体温調節など多くの機能に関係します。ドーパミンやノルアドレナリンなどを調節し、精神を落ち着かせる効果があります。
不眠の症状改善に役立つとされており、アメリカでは薬として処方される場合があります。
メラトニンは体内時計のリズムを調整する物質です。幼児期に一番多く分泌され、歳を取る毎に減っていきます。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。質の良い睡眠をとってストレスを緩和するためにトリプトファンは重要です。

血行促進・ストレス軽減にメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸の一つで、血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。
メチオニンはドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の生成を促進する作用もあり、ストレス対処に役立ちます。

筋肉維持と疲労軽減にバリン・ロイシン・イソロイシン

バリン・ロイシン・イソロイシンは蜂の子に含まれる必須アミノ酸です。特にスポーツ栄養学で注目され、筋肉の維持や疲労の軽減に役立ちます。筋肉と男性ホルモンのテストステロンに深い関係があり、テストステロンは筋肉の合成を促します。逆に筋肉が減ると、テストステロン値は下がってしまいます。

ストレス緩和にチロシン

チロシンはアミノ酸の一つで、ストレス条件下の人間に投与した実験で、気分や認識作用の改善がみられたとの研究報告があります。

活力を生むビタミンB1

ビタミンB1は糖からエネルギーを得るために必須のビタミンで、中枢神経や末梢神経を正常に保つ働きもあります。不足すると脳や身体の栄養不足を招き、ストレス対処が困難になります。

血管の健康維持にビタミンB2

ビタミンB2は脂肪・糖・タンパク質の代謝や、赤血球の形成、皮膚や粘膜などの正常な維持に必要な栄養素です。血液や血管の健康維持に必須です。

不眠・疲労感にパントテン酸

パントテン酸はビタミンB群に含まれます。パントテン酸は疲労、不眠、食欲不振といった症状を防止する働きがあります。

ストレス対処に必要なビタミンC

ビタミンCは、ストレス時に分泌される副腎皮質ホルモンの生成に使われます。ビタミンCには血液に必須のミネラルである鉄の吸収を助ける働きもあります。

血行促進・ストレス軽減にナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、悪玉コレステロールの値を低下させ、血行をよくする効果があります。ナイアシンが不足すると、うつや精神不安の症状も起きやすくなります。
ナイアシンは食物から摂取できるほか、体内でトリプトファンを材料として生成されます。ナイアシンが不足するとトリプトファンがナイアシン生成に回されてしまい、ストレス軽減に重要なセロトニンやメラトニンが不足してしまいます。

ストレス軽減にカルシウム

カルシウムが精神の安定に重要なことはよく知られています。ドーパミンなど神経伝達物質に関わり、ストレス軽減に重要な物質です。
ストレスを感じるとコルチゾールなど副腎皮質ホルモンが生成されますが、この副腎皮質ホルモンは腸のカルシウム吸収を低下させ、尿からのカルシウム排出を促す作用があります。
ストレス時には普段より多くのカルシウム摂取が必要です

ストレス軽減と血行促進にマグネシウム

マグネシウムはセロトニンの生成に必須で、精神の安定に役立ちます。
マグネシウムは糖尿病を抑制する効果があることが研究で確認されています。糖尿病は血流の悪化を招き、男性機能を低下させます。マグネシウム摂取は精力増強に重要です。

血液に必須の鉄

鉄は赤血球の材料になります。蜂の子に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれ、野菜などに含まれる非ヘム鉄と比較して2~3倍、体内への吸収率が高くなっています。
蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を助ける働きがあります

テストステロンの材料となる脂肪酸

蜂の子にはオレイン酸、パルミチン酸など8種類の脂肪酸が含まれています。
テストステロンは男性の場合約95%が睾丸にある精巣で作られますが、その材料は脂肪酸です。過剰なダイエットなどにより脂肪酸やエネルギーが不足すると、テストステロン分泌量の低下につながります。

以上のように、蜂の子には男性機能向上に役立つ成分が数多く含まれています。
成分はそれぞれ効果的ですが、これらを一つの食品から同時に摂取できるのが、蜂の子の大きな利点です。

蜂の子であふれる精力を手に入れる

男性機能向上には、血行促進、男性ホルモン増加、ストレス解消、十分な睡眠、精子量の増加が重要です。これらに対して有効な成分が蜂の子には豊富に含まれており、蜂の子は精力アップに非常に優れた食品です。男性機能向上に、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧