蜂の子には女性に嬉しい効果がたくさんある

古くから滋養強壮に効果的な健康食品として親しまれてきた「蜂の子」。蜂の子には、美容効果や貧血を予防する効果など、特に女性に嬉しい効果を持つ成分が豊富に含まれています。

蜂の子成分は女性に効果的

蜂の子が持つ、特に女性に嬉しい効果には、以下のようなものが挙げられます。

  • 美肌効果
  • 美しい髪をつくる効果
  • 薄毛や白髪の予防
  • 貧血予防
  • 冷え性の予防・改善
  • 便秘予防
  • むくみの予防・改善
  • 更年期障害の症状改善
  • うつ症状の予防・改善

これらの効果を具体的に見ていきましょう。

蜂の子の女性に嬉しい効果

美肌効果

蜂の子には、美しい肌に効果的な栄養素が豊富に含まれています。蜂の子には、質の良い睡眠を促す効果、血行促進効果、ストレスを軽減する効果もあり、美しい肌の形成に役立ちます。

蜂の子は肌にハリと弾力を生み出す

肌のハリと弾力には、コラーゲンとエラスチンが大きな役割を担っています。コラーゲンはタンパク質で出来ており、肌を内側から支えている成分です。エラスチンもタンパク質の一種で、コラーゲン同士を結びつける働きがあります。
コラーゲンは体内でアミノ酸から作られます。グリシン、プロリン、アラニンが主な成分です。エラスチンは800個以上のアミノ酸で構成されています。ロイシン、アラニン、グリシン、プロリン、バリンがそのうちの8割以上を占めています。蜂の子にはこれらのアミノ酸が全て含まれており、コラーゲンやエラスチンの生成に役立つことで、肌のハリと弾力を生み出します。

蜂の子は肌の潤いを保つ

人の肌に元々備わっている保湿成分を天然保湿因子といいます。天然保湿因子は、4割以上がアミノ酸で構成されています。角質層に含まれるアミノ酸が不足すると、肌荒れを起こしやすくなるという研究報告もあります。
天然保湿因子に含まれるアミノ酸には、セリン、グリシン、アラニンなどが挙げられ、蜂の子はこれらを全て含んでいます。
アルギニンは蜂の子に含まれるアミノ酸の一種で、肌の潤いを保つ効果があり、化粧品などにも配合されています。
蜂の子成分は、肌の潤いを保つのに効果的です。

蜂の子成分には美白効果もある

蜂の子には美肌効果で知られるビタミンCが含まれています。
ビタミンCには、しみ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を阻害する働きがあり、美白効果があります。ビタミンCはコラーゲンの生成にも必要で、若々しい肌を保つために必須です。蜂の子に含まれるビタミンの一種パントテン酸は、コラーゲン生成時にビタミンCの働きを助けます。

蜂の子は血行を促進して美肌をつくる

肌と血行は密接に関係しています。血行が良くなると、二酸化炭素や老廃物の体外への排出が促進されて、肌の新陳代謝が活発になります。
蜂の子には、アルギニン、グリシン、ナイアシンといった血管を拡張する成分が含まれており、血行促進に役立ちます。
蜂の子に含まれるメチオニン、リシン、タウリン、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、オレイン酸といった成分は、糖や脂質の代謝を助けます。これらの成分は血糖値や血液中の悪玉コレステロール値を下げる働きがあり、血管の健康維持と血行促進に役立ちます。

蜂の子は質の良い睡眠を促して美肌に役立つ

蜂の子には、質の良い睡眠を促す効果があり、美しい肌の形成に役立ちます。
睡眠は肌の健康に重要です。肌の新陳代謝を活発にする成長ホルモンは、主に寝ている間に分泌されます。
蜂の子に含まれるグリシン、トリプトファン、セリンには質の良い睡眠を促す効果があることが確認されています。グリシンは入眠時に身体の深部体温を下げる働きがあり、自然な睡眠を促します。トリプトファンは、体内時計を調節するメラトニンの材料になり、深い睡眠を促します。セリンは、寝つきや睡眠の質を改善するという実験報告があります。

蜂の子はストレスを軽減して美肌をつくる

ストレスは美肌の大敵です。ストレス時に大量に発生する体内の活性酸素は、増えすぎると細胞を傷つけて肌の老化を加速します。また、ストレス時に分泌される男性ホルモンはニキビなどの肌トラブルを引き起こします。ストレス時には自律神経の交感神経が活発化します。交感神経の働きは血管を収縮させるので、血行が悪化して肌に悪影響を与えます。
蜂の子には、ストレスを軽減する成分が豊富に含まれています。トリプトファン、フェニルアラニン、ナイアシン、メチオニンは、ストレスに対抗するために必要な神経伝達物質の生成に重要です。蜂の子には神経の機能を正常に保つビタミンB1も含まれ、ストレス軽減に役立つカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも豊富です。
蜂の子の摂取はストレスに反応して分泌されるコルチゾールの値を低下させるという実験報告があります。蜂の子のストレス軽減効果は研究でも確認されています。

美しい髪をつくる効果

髪は肌の一部という言葉があります。肌の健康に効果的な蜂の子は、美しい髪をつくる効果もあります。
髪の表面を覆っている部分はキューティクルと呼ばれ、美しい髪に重要な要素です。キューティクルの語源はラテン語のクチクラ(Cuticula)で、蜂などの昆虫の外骨格を構成する物質を意味します。蜂の子が美しい髪に有効なことが、言葉からも伺えます。

蜂の子には髪の毛に必要な成分が豊富

髪の毛の99%は、アミノ酸から合成されるタンパク質のケラチンで出来ています。ケラチンは18種類のアミノ酸から構成され、蜂の子には、この18種類のアミノ酸全てが含まれています。

蜂の子は美しい黒髪をつくる

髪の色は、もともと無色透明です。頭皮には、メラニン色素を生成して髪を黒くする細胞があり、その細胞の働きで髪が黒くなります。メラニン色素の生成には、チロシンというアミノ酸とチロシナーゼという酵素が必要です。チロシナーゼ生成には銅が必要で、蜂の子にはチロシンと銅が含まれています。蜂の子は美しい黒髪をつくるのに役立ちます。

蜂の子の健康効果は美しい髪に役立つ

蜂の子の持つ血行促進効果、質の良い睡眠を促す効果、ストレス軽減効果は、美しい髪の形成に役立ちます。これらの効果は、頭皮の細胞の新陳代謝を活発にして、毛髪を生み出す毛母細胞の健康維持を助けます。

薄毛や白髪の予防

美しい髪をつくるのに有効な蜂の子は、女性の美容に重要な薄毛・白髪の予防にも役立ちます。
蜂の子に含まれる髪に必要な栄養素や、血行促進効果、質の良い睡眠を促す効果、ストレス軽減効果は、頭皮の毛母細胞や、黒髪に必要なメラニン色素を生み出す幹細胞を健康に保ちます。

蜂の子は薄毛を予防する

髪の毛を生み出す細胞の保護に、コラーゲンが重要な役割を果たすという研究があります。東京医科歯科大学の研究報告は、毛根を保護する特定のコラーゲンの欠乏が薄毛の原因になることを明らかにしています。蜂の子にはコラーゲンの生成に必要なグリシンやビタミンCが含まれており、毛根を保護するコラーゲンの生成を促すことで、薄毛の予防に役立ちます。

蜂の子は白髪を予防する

呼吸によって体内で発生する活性酸素が増えすぎると白髪の原因になるというアメリカの研究があります。活性酸素のひとつ過酸化水素が、メラニン生成に必要なチロシナーゼという酵素を壊すためです。
過酸化水素の悪影響を防ぐには、過酸化水素を中和する抗酸化作用を持つビタミンCと酵素のカタラーゼが重要です。蜂の子にはビタミンCと、カタラーゼの材料になる鉄とタンパク質が含まれており、増えすぎた過酸化水素の中和を促進して、白髪の予防に役立ちます。

貧血予防

女性に多い貧血症状の予防や改善に蜂の子は効果的です。貧血は、血液中の赤血球の数や機能が低下し、血液の酸素運搬能力が低下した状態です。
赤血球の生成には鉄が必須で、鉄の欠乏が貧血の最も多い原因です。蜂の子には鉄分が豊富に含まれ、鉄の体内への吸収を促進するビタミンCも含まれています。蜂の子に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれ、野菜などに含まれる非ヘム鉄よりも吸収率が高いという特徴があります。
蜂の子に含まれる亜鉛、銅、ピリドキシンも赤血球生成に重要です。亜鉛は赤血球の細胞分裂に必須で、亜鉛欠乏性貧血という貧血のタイプもあります。銅は赤血球生成の際に鉄を必要な場所に運ぶ作用があります。ピリドキシンは赤血球の生成を促進する作用があり、貧血の改善薬として投与されることもある成分です。
これらの蜂の子成分は赤血球生成を促進して、貧血の予防・改善に役立ちます。

冷え性の予防・改善

蜂の子は、女性に多い冷え性の予防・改善に効果的です。
蜂の子に含まれるアルギニン、グリシン、ナイアシンには血管を拡張する作用があり、血行を促進して冷え性を改善します。
冷え性は、身体を無意識のうちに調整している自律神経の乱れと深く関わっています。自律神経が乱れて交感神経が優位になると、血管が収縮して手足の冷えを招きます。蜂の子が持つストレス軽減効果や質の良い睡眠を促す効果は、副交感神経を活発にして自律神経のバランスを整えるのに役立ちます。副交感神経の働きは血管を拡張するため、血行が促進されて冷え性が改善します。

便秘予防

女性に多い便秘症状の予防・改善に蜂の子は効果的です。
女性の場合、ストレスを受けると便秘になるといわれています。腸の機能を活発化する副交感神経の働きが、ストレス下では抑制されるためです。蜂の子のストレス軽減効果は、便秘の解消に役立ちます。
蜂の子に含まれる脂肪酸のオレイン酸は、腸の働きを活発にする効果があります。オレイン酸は小腸で消化吸収されにくく、腸に刺激を与えるためです。
タウリンは蜂の子に含まれるアミノ酸の一種で、筋肉の収縮力を高める働きがあります。筋肉の収縮は、腸のぜん動運動に重要です。タウリンは腸の動きを活発にして、便秘解消に役立ちます。
トリプトファンは体内でセロトニンを生成する材料になります。セロトニンは精神の安定に役立つほか、腸の動きにも関係していて、分泌量が少ないと便秘を引き起こします。蜂の子はセロトニンの材料であるトリプトファンを含んでおり、便秘の予防に効果的です。

むくみの予防・改善

女性を悩ませる脚などのむくみの予防・改善に、蜂の子は効果的です。
むくみは、血液やリンパ液などの循環が悪くなることで起こります。蜂の子は、血管を拡張する効果やストレス軽減効果により、身体の血行を促進して、むくみの改善に役立ちます。
蜂の子に含まれるタウリンには筋肉の収縮力を高める働きがあり、脚などにたまった水分を身体の上へと送り返すのに役立ちます。
蜂の子にはカリウムが含まれています。カリウムは、体内に水分を保持する働きのあるナトリウムと反応して、ナトリウムを体外へ排出する作用があります。カリウムは体内の水分量を調節して、むくみの予防・改善に役立ちます。

更年期障害の症状改善

女性を悩ませる更年期障害の症状改善に蜂の子は効果的です。
更年期障害は、閉経前後に女性ホルモンの分泌が急激に減ることで起こります。ホルモンバランスが崩れることで自律神経のバランスが乱れ、情緒不安や動悸・めまいといった様々な症状が起こります。

更年期障害に効果的な蜂の子成分

蜂の子に含まれるフェニルアラニンは、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の材料になります。これらは自律神経のバランス維持に重要です。
トリプトファンは体内でセロトニンを生成するのに必要です。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、精神を落ち着かせる効果があります。女性は男性より約52%脳内セロトニンを生成する能力が低いという研究報告があり、セロトニンの材料となるトリプトファンの摂取は女性にとってより重要です。
これらの成分や、蜂の子が持つストレス軽減効果、血行促進効果、質のよい睡眠を促す効果は、自律神経のバランス維持を助けて、更年期障害の症状改善に役立ちます。

更年期の肥満予防に効果的な蜂の子成分

更年期で分泌が減少する女性ホルモンのひとつにエストロゲンがあります。エストロゲンは脂肪の代謝に関係しており、この影響で更年期には脂肪の代謝が悪化して太りやすくなります。蜂の子には、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、タウリン、アラニン、プロリンなど脂肪の代謝を促進する成分が豊富に含まれており、更年期が原因の肥満の予防・改善に役立ちます。

うつ症状の予防

厚生労働省によれば、女性は男性の2倍程度うつ病になりやすく、うつ病が女性に多いことは世界的な傾向です。性別・年齢ごとの患者数では、男性が40歳代で最も多いのに対し、女性は30歳代から70歳代まで高い水準で推移しています。
うつ病の原因は明確に特定されていませんが、脳や神経で働く神経伝達物質の機能が低下することや、さまざまなストレスが深く関係していることが確認されています。
蜂の子には、神経伝達物質の材料になるフェニルアラニンや、うつ病の薬にも使われるセロトニンの材料トリプトファンなど、うつ病の予防・改善に役立つ成分が含まれています。蜂の子のストレス軽減効果や質の良い睡眠を促す効果も、うつ病の予防や症状改善を助けます。

蜂の子は女性の健康に効果的

滋養強壮に役立つ健康食品の蜂の子には、特に女性にとって嬉しい効果が数多くあります。若々しく元気な身体を手に入れて、健やかな毎日をおくるために、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧