蜂の子はストレスを和らげる

人は仕事や生活の上で大小のストレスを受けて生きています。過剰なストレスは自律神経のバランスを乱し、体の不調や免疫力の低下など悪影響を及ぼします。
健康食品の蜂の子には、こうしたストレスを軽減する成分が多く含まれています。

大学の研究でストレスに対する蜂の子効果が確認さている

岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用し、蜂の子成分が与える影響について実験を行いました。その結果、蜂の子成分には血中のコルチゾール値を低下させる働きがあることが確認されました。
コルチゾールはストレスによって発生するホルモンです。過剰な分泌は免疫力や聴力の低下、脳の海馬の萎縮をもたらします。蜂の子成分がストレスを軽減させることがこの実験から分かります。
この実験で、蜂の子成分には、ストレスに対処するためのストレスホルモンの活動を整えて不安や苦痛を和らげる効果や、聴力を回復させる可能性があることも確認されています。

ストレスに効果的な蜂の子成分

ストレスを受けると、対処のためにストレスホルモンと呼ばれる物質が分泌されます。蜂の子には、このストレスホルモン生成に必要な成分など、ストレス軽減に効果的な成分が多く含まれています。

ストレスホルモンの材料フェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスホルモンの材料になります。これらはストレスに対処し、気力や集中力を維持するのに必要です。

セロトニンの材料トリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる働きがあります。アメリカではうつ症状に処方される場合もある成分です。ほかにも、体内時計や神経内分泌、睡眠、体温調節など多くの機能に関わる重要な物質です。

ストレスホルモン生成を助けるメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸の一つです。ドーパミンやセロトニンの生成を促進する作用があり、ストレスの対処に役立ちます。メチオニンには血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く作用もあります。

精神不安を防ぐナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、血行を促進する効果のほか、精神不安やうつ症状を防ぐ働きがあります。
ナイアシンは食物から摂取できるほか、体内でトリプトファンを材料として生成されます。ナイアシンが不足していると、トリプトファンがナイアシン生成に使われてしまい、ストレス対処に重要なセロトニンが不足してしまいます。

脳にエネルギーを与えるビタミンB1

ビタミンB1は糖からエネルギーを得るために必須のビタミンです。脳の栄養不足からのイライラ感や思考力低下を防止し、ストレス対処に役立ちます。中枢神経および抹消神経の機能を正常に保つ働きもあります。

ストレス軽減に必須のミネラル

カルシウム、マグネシウム、亜鉛といった蜂の子に含まれるミネラルもストレス軽減に重要です。
カルシウムやマグネシウムが精神の安定に重要なことはよく知られています。
ストレスを感じるとコルチゾールなど副腎皮質ホルモンが生成されますが、この副腎皮質ホルモンは腸のカルシウム吸収を低下させ、尿からのカルシウム排出を促す作用があります。ストレス時には普段より多くのカルシウム摂取が必要です。
マグネシウムは精神を落ち着かせるセロトニンの生成に不可欠です。
亜鉛は身体のさまざまな機能に関わりますが、ノルアドレナリンなどストレスホルモン生成にも必須です。亜鉛が欠乏すると、胃腸機能低下や免疫機能低下による下痢が起こりやすくなります。ストレス対処に必要な栄養素も摂取しにくくなるため注意が必要です。

ストレス時に必要なビタミンC

ビタミンCは、ストレス時に分泌される副腎皮質ホルモンの生成に使われます。ビタミンCにはミネラルの吸収を促進する働きもあり、ストレス時には普段より多くのビタミンC摂取が必要になります。

以上のように、蜂の子にはストレス軽減に効果的な成分が数多く含まれています。
これら多くの成分を一つの食品から同時に摂取できるのが蜂の子の利点です。

ストレス症状の緩和にも蜂の子成分は効果的

過剰なストレスを受けると自律神経が乱れ、不眠や血行不良などを引き起こします。こうしたストレス症状に対しても、蜂の子成分は効果的です。

不眠に効果的なグリシン・トリプトファン

十分な睡眠や休息をとることはストレス解消に重要です。
蜂の子に含まれるグリシンは、高い安眠効果が確認されているアミノ酸です。血管を拡張する効果があり、体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。
トリプトファンは体内でメラトニンの材料になります。メラトニンは体内時計のリズムを整える物質です。幼児期に最も多く分泌され、歳を取るごとに減少します。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。トリプトファン摂取は、質の良い睡眠に重要です。

血行不良に効果的な蜂の子成分

ストレスによる血行不良は、頭痛、肩こり、めまいなどを引き起こします。蜂の子には血管を丈夫にし、血行を促進する成分が多く含まれています。
ナイアシンやメチオニンは血中の悪玉コレステロール値を低下させ、血行を良くします。
アルギニンは体内で一酸化窒素を生成するための材料になります。一酸化窒素には血管を拡張して血流を促進する作用があります。
赤血球の材料である鉄も、蜂の子には豊富に含まれています。ピリドキシンは赤血球の生成を促進します。
タウリンは細胞を正常に保ち、血圧を安定させる作用があります。

蜂の子は総合的に効く

ストレスに対処するためには、規則正しい生活を通した身体の健康維持が重要です。
古くから滋養強壮に効果的とされてきた蜂の子には、健康維持に役立つ成分が多く含まれています。

疲労回復にイソロイシン・パントテン酸

イソロイシンはグリコーゲンを体内に貯蔵するために必要です。グリコーゲンは筋肉のエネルギー源で、疲労回復に重要です。イソロイシンは脳の疲労感を軽減する効果もあります。
パントテン酸はビタミンB群に含まれる成分です。パントテン酸が不足すると、疲労、頭痛、不眠、食欲不振といった悪影響があります。

健康的な身体の維持にバリン・ロイシンなど

バリンやロイシンは必須アミノ酸で、筋肉や肌の張りの維持に必要です。
人の身体に必要なアミノ酸のうち、体内で作ることができず食品から摂取する必要のあるものを必須アミノ酸と言います。この9種類ある必須アミノ酸の全てが蜂の子には含まれています。健康的な身体を維持する観点からも、蜂の子は非常に優れた食品です。

ストレス軽減は病気を防ぐために重要

調査でがんとの関連性も確認されている

国立がん研究センターは、40-69歳の男女約10万人を対象にして、がん発症とストレスの関連を調査しました。
その結果、自覚しているストレスレベルが高いと、がん発症のリスクが高くなり、特にそれは男性で強くみられることが確認されました。

過剰なストレスを放置すると、自律神経の乱れから免疫力が低下します。病気を防ぐためにも、上記の栄養素を摂取してストレスを軽減することが重要です。

蜂の子でストレス軽減

蜂の子にはストレス対処に必要なホルモンの材料などが豊富に含まれ、ストレス軽減に効果的です。
不眠や血行不良などストレス症状の緩和にも役立つ成分が多く含まれています。
病気を防ぎ、健康的な生活を維持するためにも、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧