蜂の子とプロポリスの違いは?成分と効果を比較

蜂の子とプロポリスの違いは?成分と効果を比較

蜂の子とプロポリスは、ともに蜂に関連した健康食品です。これらを原材料にしたサプリメントが数多く販売されており、それぞれ健康や美容にとても効果的です。両者には似た効果も多いですが、成分は異なり、それぞれ特徴的な効能を持っています。今回は蜂の子とプロポリスの違いについて解説します。

蜂の子とは

蜂の子は、その名の通り蜂の子供です。蜂の子は蜂の巣から採取され、蜂の幼虫やサナギ、羽化する直前の個体といった成長段階の異なる個体が含まれます。蜂の子は、アミノ酸を中心とした健康に役立つ豊富な栄養素を含んでおり、健康食品として知られています。
蜂の子の調理法としては佃煮が有名で、缶詰や瓶詰の形で流通しています。食用とされている蜂の子の多くは、クロスズメバチを中心とした肉食のスズメバチ類の子供です。ミツバチの蜂の子も食用になり、佃煮などの加工品のほか、主にサプリメントの材料として利用されています。

プロポリスとは

プロポリスは、ミツバチが樹木から集めた樹脂を、蜜蝋や唾液など自らの分泌液と混合してつくりだす物質です。巣の周囲にある植物を原料とするため、巣がある地域によって成分や色に違いがあります。
植物は、自分が傷つけられると、傷口を守るために樹脂を分泌します。樹脂には、芽や蕾を微生物などから守るための抗菌作用をもった物質が含まれています。ミツバチはこうした樹脂を使ってプロポリスをつくるため、プロポリスには高い抗菌作用があります。
プロポリスという言葉の語源はギリシャ語です。「プロ(pro)」は「守る」という意味を持ち、「ポリス(polis)」は「都市」を意味します。その名の通り、プロポリスは巣の補修などに使われ、巣を病原菌から守る働きがあります。
プロポリスは一つの巣箱から年間100から300グラム程度しか採れず、人為的な合成もできないため、大変貴重です。過去には粉末状のものが利用されていましたが、現在ではアルコールと混ぜて成分を抽出したものが主に使われています。

蜂の子の成分と効果

蜂の子の主な成分

蜂の子は古くから貴重なタンパク源として親しまれ、タンパク質を構成するアミノ酸が豊富です。蜂の子には、19種類のアミノ酸、8種類のミネラル、8種類のビタミン、8種類の脂肪酸が含まれています。
人の身体の組織の多くはタンパク質で出来ており、アミノ酸は身体の健康維持に欠かせません。人が身体で生成できず、食品から摂取する必要のあるアミノ酸を必須アミノ酸といいます。必須アミノ酸は9種類あり、蜂の子にはこれらの全てが含まれています。
必須アミノ酸は、一種類だけ摂取しても有効利用されないことが知られており、バランス良く摂取することが重要です。すべての必須アミノ酸を含む蜂の子は、必須アミノ酸の有効利用の観点からも非常に優れた食品です。
蜂の子には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCといった健康に役立つビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄といった身体の機能に欠かせないミネラルも含まれています。

蜂の子の効果

蜂の子には、アミノ酸を中心とした身体に役立つ栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素により、蜂の子には以下のような数多くの滋養強壮効果があります。

  • めまいや耳鳴りの改善
  • 筋肉や体力の増加
  • 血行促進
  • ストレス軽減
  • 質の良い睡眠を促す
  • 代謝機能の向上
  • 生活習慣病の予防・改善
  • 免疫力向上
  • 認知症の予防
  • 美肌効果
  • 薄毛や白髪の予防
  • 貧血の予防・改善
  • うつ病の予防・改善
  • 更年期障害の症状改善
  • 男性機能の向上

以上の効果により、蜂の子は健康食品として知られています。美容に関係する効果もありますが、特に健康増進に効果的とされています。

プロポリスの成分と効果

プロポリスの主な成分

プロポリスには、材料となる植物の成分が多く含まれており、樹脂や、バルサムと呼ばれる油脂、ワックス、花粉などで構成されています。
プロポリスの有効成分としては、アルテピリンCやバッカリンなどの桂皮酸誘導体が挙げられます。桂皮酸誘導体は植物由来の成分で、増えすぎた活性酸素を中和して身体の健康維持に役立つ抗酸化作用や、高い抗菌効果があることが確認されています。
プロポリスには、抗ストレス作用や抗菌作用があるフラボノイドも豊富です。プロポリスには、微量なものを含めると300から400もの成分が含まれているといわれています。
プロポリスは、ミツバチの巣の周辺にある植物が原料のため、原産国や地域によって成分に大きな差があります。日本で販売されているプロポリスの多くはブラジル産です。ブラジル産プロポリスは有効成分が豊富なことで知られており、中国産と比べて、桂皮酸誘導体が約7,500倍、フラボノイドが約25倍含まれていることが成分分析で確認されています。

プロポリスの効果

プロポリスには蜂の巣を守るための高い抗菌作用があり、人はこの抗菌作用を古くから利用してきました。古代エジプトでは、ミイラを作る際の防腐剤としてプロポリスが用いられました。古代ローマでも天然の抗生物質として使用され、東ヨーロッパでも薬用として利用されてきた歴史があります。
こうした抗菌作用をもつため、現在もプロポリスは多くの場合、病気予防や治療目的で使用されています。プロポリスの主な効果には、以下が挙げられます。

  • 炎症を抑える効果
  • がんなどの腫瘍を抑える効果
  • 花粉症など抗アレルギー作用
  • 免疫力向上
  • 美肌効果
  • 薄毛予防
  • 口臭予防
  • 生活習慣病の予防
  • 疲労軽減
  • 認知症予防
  • 抗酸化作用による老化防止

プロポリスには抗菌作用を中心とした上記の効果があり、主に病気の症状改善効果、美容効果を目的として利用されます。飲用として用いられるほか、化粧品、日焼け止め、ヘアスプレー、抗炎症剤、点眼剤、鎮静剤といった製品も販売されています。

まとめ

蜂の子は蜂の幼虫やサナギで、プロポリスはミツバチが植物を原料にして生成する物質です。蜂の子にはアミノ酸を中心とした豊富な栄養素が含まれ、主に滋養強壮効果を目的として利用されます。プロポリスには高い抗菌作用があり、主に病気予防や治療目的、美容目的で利用されます。蜂の子やプロポリスを使ったサプリメントなどを購入する際は、自身が求める効果とこれらの効果を照らし合わせて、より自分に合った健康食品を選ぶことをお勧めします。

関連情報一覧