蜂の子はどうやって摂取するべき?

蜂の子はどうやって摂取するべき?

蜂の子は、滋養強壮に効果的な健康食品として知られています。蜂の子にはアミノ酸を中心とした豊富な栄養素が含まれ、耳鳴りの改善や体力増加など多くの健康効果があります。こうした健康に役立つ蜂の子を摂取するには、どういった方法をとるべきでしょうか。

蜂の子を摂取する方法とメリット・デメリット

蜂の子の成分を摂取する方法としては、蜂の子を使ったサプリメント、缶詰などの加工品、未加工の蜂の子を調理する方法があります。それぞれのメリットとデメリットを挙げていきます。

蜂の子サプリのメリット

蜂の子に含まれる栄養素の健康効果が注目され、数多くの蜂の子サプリが販売されています。蜂の子サプリは通販などで簡単に入手でき、蜂の子の栄養素の摂取には最も適した方法です。

比較的安価で手軽に入手できる

缶詰などの加工した蜂の子や未加工の蜂の子に比べて、サプリは安価で購入できます。健康に役立つ蜂の子の栄養素は、継続して摂取してこそ効果が十分に発揮されます。通信販売で手軽に購入でき、継続しやすいのがサプリの利点です。

蜂の子の見た目を気にしなくていい

蜂の子は蜂の幼虫やサナギです。幼虫そのものの見た目をしているため、蜂の子を食べるのに抵抗がある人もいます。サプリであれば、カプセルや錠剤に加工されているため、蜂の子の見た目を気にすることなく口に入れることができます。

栄養素を吸収しやすい

蜂の子サプリの多くには、酵素分解処理などが行われて、蜂の子成分が低分子化された状態で配合されています。栄養素をあらかじめ分解しておくことにより、蜂の子成分の身体への吸収率が上がります。栄養素を効率的に摂取できるという点では、蜂の子サプリが最も優れています。

他の栄養素も摂取できる

蜂の子サプリには、ビタミンB12やローヤルゼリーなど、蜂の子以外の成分が配合されている製品が多くあります。これらの成分は蜂の子の効果を補い、更なる健康効果を狙って添加されています。こうした蜂の子以外の栄養素を一緒に摂取できるのも、サプリの利点です。

保存が簡単

サプリメントは常温で保存できます。蜂の子の佃煮などの加工品も保存がきく食べ物ですが、開封後は冷蔵したうえで早めに食べる必要があります。サプリは保存に気を配る必要がなく、便利です。

蜂の子サプリのデメリット

サプリは薬のような形状をしていて、食事として蜂の子を摂取したい人には向いていません。

蜂の子の味が楽しめない

蜂の子は高級珍味としても知られています。見た目は幼虫ですが、蜂の子は淡白でとても上品な味をしています。サプリではこうした蜂の子の味を楽しむことができません。

昆虫食を体験できない

昆虫食は古くから日本各地で行われており、今も一部の地域に根強く残る食文化です。佃煮などの缶詰や未加工の蜂の子には、こうした昆虫食の伝統文化を体験できるという魅力があります。サプリはカプセルや錠剤の形に加工されており、昆虫食の体験はできません。

蜂の子サプリには、以上のようなメリット・デメリットがあります。サプリはカプセルや錠剤の形をしており、食事として蜂の子を摂取したい場合は不向きです。しかし、安価で手軽に入手でき、栄養素の吸収率の面でも優れているため、蜂の子成分の健康効果が目的の場合は、サプリでの摂取がお勧めです。

佃煮などの加工品のメリット

蜂の子の佃煮や甘露煮などの加工品が流通しており、通販などで購入できます。蜂の子の加工品を摂取するメリットには、以下のようなものがあります。

蜂の子の味が楽しめる

蜂の子は幼虫の見た目をしていますが、味は淡白で高級珍味として知られています。蜂の子の佃煮や甘露煮は、ご飯のお供や酒の肴として人気です。栄養素の摂取だけでなく、食事として蜂の子の味が楽しめるのが佃煮などの利点です。
蜂の子の佃煮や甘露煮は調理されていますが、虫の見た目はそのままです。このため、昆虫食の食文化を体験できるという魅力もあります。

通信販売などで手軽に購入できる

未加工の蜂の子に比べて、缶詰などの加工品は入手が容易です。サプリに比べると高価ですが、未加工の蜂の子に比べると安価で流通量も多く、通販などでの購入が簡単にできます。

佃煮などの加工品のデメリット

サプリに比べて高価で利便性が低め

蜂の子の佃煮などは高級珍味として知られ、サプリに比べて高価です。佃煮などは食事として食べるもので、サプリのように決まった時間に飲むものではありません。このため、蜂の子の栄養素を摂取することが目的の場合は、サプリに比べて利便性が劣ります。

見た目や食感が気になる人には不向き

佃煮などは調理されていますが、幼虫やサナギなどの虫の見た目はそのままです。蜂の子は弾力のある独特の食感があり、珍味として好まれる一方で、蜂の子の見た目や食感が苦手な人には向いていません。

調理の幅が狭い

佃煮や甘露煮などの加工品は既に調理されていて、濃い味がついています。蜂の子にはバター炒めや唐揚げなどの食べ方もありますが、加工品はこうした調理法に向いていません。調理の手間はかかりませんが、調理の幅の狭さはデメリットでもあります。

未加工の蜂の子のメリット

調理されていない未加工の蜂の子も販売されています。冷凍の蜂の子の通信販売が行われているほか、蜂の子の産地では巣に入った生の蜂の子が販売されていることもあります。

蜂の子本来の味が楽しめる

未加工の蜂の子は調理されておらず、蜂の子本来の味を体験できます。蜂の子は虫の見た目とは裏腹に、非常に淡白で上品な味をしています。佃煮などは醤油や砂糖で濃い味つけがされていますが、未加工の蜂の子であれば好きな味つけで蜂の子を食べることができます。

好みの方法で調理できる

蜂の子には佃煮や甘露煮以外にも、バター炒め、唐揚げ、炊き込みご飯など多くの調理法があります。未加工の蜂の子であれば、自分の好みに応じていろいろな食べ方ができます。下処理や調理の手間はかかりますが、その過程を楽しめるのもひとつの魅力です。

食文化の体験には最適

蜂の子は古くから日本各地で貴重な食料として利用され、今も一部の地域で食文化として根強く残っています。産地では蜂の子が巣ごと販売されていることもあり、巣から蜂の子を自分で取り出して調理することもできます。伝統的な昆虫食の文化を体験する意味では、未加工の蜂の子が最適です。

未加工の蜂の子のデメリット

未加工の蜂の子は高価

未加工の蜂の子はサプリなどに比べて高価で、特に国産の蜂の子の値段はとても高額です。通信販売の冷凍蜂の子は、1kgあたり8,000円から15,000円程度で販売されています。希少なオオスズメバチの蜂の子も販売されており、一匹500円程度の高値がついています。

入手できる時期が限られている

蜂は自然界に生息しており、採取されるのは主に9月から10月の秋です。国産の未加工の蜂の子が販売されるのは、この秋の時期にほぼ限られています。また、採取量も需要に比べて少なく、季節が過ぎると売り切れてしまう場合が多いため、入手が困難です。このため、継続的に栄養素を摂取したい場合は、未加工の蜂の子は不向きです。

見た目が幼虫そのもの

未加工の蜂の子は、見た目が幼虫そのものです。見た目が気になる人が未加工の蜂の子を購入することは考えにくいですが、虫を口にするのをためらう人は多くいます。

下処理や調理の手間がかかる

未加工の蜂の子を食べるためには調理の必要があり、手間がかかります。蜂の子の幼虫には味のクセや食感の悪さを生む内臓部分があり、クセが気になる場合は内臓の下処理が必要です。自分の好みの方法で調理できるのは利点でもありますが、手間がかかるというデメリットでもあります。

サプリ・加工品・未加工品の蜂の子のメリット・デメリットをご紹介しました。サプリは安価で手軽に入手でき、栄養素の摂取には最適の方法です。加工品や未加工品は食事の意味合いが強くなり、蜂の子の味や昆虫食の食文化を体験するのに適しています。
次に、これらの蜂の子の食べ方や飲み方をご紹介します。

蜂の子サプリの飲み方・蜂の子の食べ方

蜂の子サプリの飲み方

蜂の子サプリを飲む場合は、必ず水かぬるま湯で飲んでください。水以外の飲み物の場合、サプリの成分と反応して、栄養素の吸収が妨げられるなどの悪影響がある場合があります。

蜂の子サプリは薬ではないので、「食前・食後」などの飲み方に決まりはありません。メーカーのホームページなどにあるサプリの説明文でも、いつ飲んでも構わないとされています。栄養素の摂取は継続することが大事なので、忘れずに摂取できる自分にあった方法で飲むのが一番です。

サプリを飲むタイミングで迷った場合は、一般的な飲み方を参考にしてみましょう。
胃腸が弱い人の場合は、胃の負担が少ない食後の摂取が推奨されています。一方で、アミノ酸の摂取を目的としたサプリは、吸収率が良くなる空腹時や食後2~3時間後の摂取が推奨されています。蜂の子サプリにもアミノ酸が豊富に含まれており、アミノ酸の摂取を目的としている場合は、空腹時の摂取がお勧めです。
無理なく効率的に栄養素を摂取するために、自分にあった飲み方を試してみましょう。

佃煮などの加工品の食べ方

佃煮や甘露煮などの調理された蜂の子は、そのまま食べるのが一般的です。これらは高級珍味として知られ、ご飯のお供や酒の肴として人気です。ご飯に混ぜれば、蜂の子の混ぜご飯が簡単にできます。
濃い味付けを生かして、卵でうなぎを包んだ「うまき」のように、蜂の子の佃煮を卵で包んだ料理を提供する料理店もあります。ちょっと変わった具材として、春巻きなどに蜂の子が使用される場合もあります。

未加工の蜂の子の食べ方

未加工の蜂の子の調理法には、佃煮・甘露煮・バター炒め・唐揚げ・炊き込みご飯・五平餅などがあります。

佃煮・甘露煮

佃煮や甘露煮は缶詰などの加工品が販売されていますが、自宅で調理することもできます。佃煮は醤油・砂糖・みりん・酒などで甘辛く煮た料理です。好みで蜂蜜などを入れる場合もあります。甘露煮は、これらに加えて水飴などが加えられ、より甘く、照りを出すように調理されたものです。

バター炒め

蜂の子は非常に淡白な味をしており、シンプルな炒め物でもとても美味しく食べられます。蜂の子は身が柔らかいので、崩れないよう注意して調理します。お好みでバターや醤油、香辛料などを加えた蜂の子の炒め物は、蜂の子本来の味が楽しめる人気の調理法です。

唐揚げ

蜂の子を油で揚げた唐揚げや素揚げも一般的な食べ方です。塩をふるなどシンプルな味付けで食べるのが人気で、蜂の子本来の淡白な味が楽しめます。

炊き込みご飯

蜂の子の炊き込みご飯は、古くから岐阜県や静岡県で食べられてきた郷土料理です。ご飯を炊く際に、炒った蜂の子、醤油、みりん、砂糖、酒などを加えます。一般的な炊き込みご飯と同じ作り方ができるので、家庭でも簡単に作れます。蜂の子の炊き込みご飯は、ご飯と一緒に蜂の子独特のコクや食感が楽しめる人気の調理法です。

五平餅

五平餅は、岐阜県や長野県の山間部を中心に伝わる郷土料理で、粒が残る程度につぶした米にタレをつけて串焼きにしたものです。この五平餅のタレに、すり潰した蜂の子を加えた「ヘボ五平」という料理があります。「ヘボ」は岐阜県などで使われるクロスズメバチの地域名です。
ヘボ五平は地域の家庭で作られるほか、岐阜県で毎年11月に行われる「くしはらヘボまつり」など、秋に行われる蜂の子に関する各地のイベント会場でも販売されています。

まとめ

蜂の子を摂取するには、サプリメント、佃煮などの加工品、未加工の蜂の子を入手する方法があります。健康のために蜂の子の栄養素を継続して摂取したい場合は、サプリが手軽でお勧めです。蜂の子の味や昆虫食の体験を楽しみたい場合は、加工品や未加工の蜂の子が適しています。また、こうした蜂の子にはさまざまな食べ方や調理法があります。
栄養豊富な蜂の子を自分にあった方法で摂取して、健康増進に役立てることをお勧めします。

関連情報一覧