蜂の子サプリはいつ飲むのが良い?

蜂の子サプリはいつ飲むのが良い?

蜂の子の豊富な栄養素を気軽に摂取でき、健康に役立つ蜂の子サプリメント。サプリを購入した際、いつ飲んだらよいのか迷ったことはないでしょうか。サプリの説明文には、一日の摂取量は書いてあっても、飲む時間については書かれていません。蜂の子サプリはいつ飲むのがよいのでしょうか。

基本的にいつ飲んでもよい

蜂の子サプリは、基本的にいつ飲んでも構いません。飲む時間帯よりも、継続して飲み続けることが大事です。
蜂の子には、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど数多くの栄養素が含まれており、蜂の子を使ったサプリメントも同様です。これらの栄養素の複合的な効果により、蜂の子の滋養強壮効果が発揮されます。
ビタミン剤など特定の栄養素だけを摂取するためのサプリであれば、その栄養素を身体に吸収しやすい飲み方があります。しかし、蜂の子には数多くの栄養素が含まれており、全体の吸収率を大きく上げる飲み方は基本的にありません。摂取する時間を過度に気にするよりも、飲むのを忘れずに毎日継続できる時間に飲む方が、結果的に身体への健康効果が発揮されやすくお勧めです。

目的の健康効果によって飲むべき時間は変わる

蜂の子成分がもつ特定の健康効果を狙って蜂の子サプリメントを飲む場合、その効果をもたらす栄養素の摂取に適した時間にサプリを飲むのもひとつの方法です。この場合、特定の栄養素の摂取を目的としたサプリの飲み方が参考になります。

アミノ酸が目的なら空腹時に飲む

アミノ酸サプリメントの場合、食事と一緒に摂ると食品のタンパク質が先に吸収されてしまうといわれており、食事直後の摂取は推奨されていません。
蜂の子は古くからタンパク源として珍重されており、タンパク質を構成するアミノ酸が豊富です。アミノ酸を目的として蜂の子サプリを摂取して、なるべく吸収率を上げたい場合は、空腹時に摂取するのがお勧めです。食事の30分以上前や、食後2~3時間経ってからサプリを飲みましょう。
蜂の子は耳鳴りに効果的なことで知られています。耳鳴りの改善には多くの栄養素が複合的に関わっていますが、血行を改善するアルギニンやグリシンといったアミノ酸の効果も大きなものです。耳鳴り改善を目的として蜂の子サプリを摂取する場合、アミノ酸を吸収しやすいよう食後を避けて飲むのもひとつの方法です。

運動前の摂取は筋肉増加に役立つ

蜂の子にはアミノ酸が豊富に含まれており、筋肉の主成分となるバリン・ロイシン・イソロイシンも含まれています。これらのアミノ酸には筋肉増強や疲労軽減効果があり、こういった効果を狙ってサプリを飲む場合は、運動の30分程度前に飲むのがお勧めです。アミノ酸は身体に取り込まれる時間が短く、蜂の子成分が酵素分解されている製品の場合は、より早くアミノ酸を吸収できます。
筋肉は、運動時にエネルギーが不足すると、自らを分解してエネルギーとして利用します。バリン・ロイシン・イソロイシンが含まれる蜂の子サプリを運動前に摂取すれば、こうした筋肉の分解を防ぐことができ、筋肉の維持・増加に役立ちます。

筋肉の疲労回復には運動後が有効

ハードな運動をして筋肉痛が心配な場合や、筋肉のリカバリーを早めたい場合は、運動後にサプリを飲むのも効果的です。蜂の子に含まれるアミノ酸は筋肉の修復を助け、疲労回復効果もあります。

睡眠の質を改善したいなら就寝前

蜂の子には、アミノ酸のグリシン・トリプトファン・セリンが含まれています。これらの成分には、質の良い睡眠を促す効果があることが研究で確認されています。例えば、就寝前にグリシンを摂取する実験では、寝つきや寝ている途中で起きる回数、睡眠の満足度などに改善がみられました。
こうした睡眠改善効果を狙って蜂の子サプリを摂取する場合は、就寝するしばらく前に飲むのがお勧めです。

ビタミンを有効利用するなら複数回に分ける

蜂の子には、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCが含まれています。蜂の子成分を補うかたちでビタミンB12が添加されているサプリもあります。
これらのビタミンは、水に溶けやすい性質をもつ水溶性ビタミンです。水溶性ビタミンは余った分が体外に排出されやすいという特徴があるため、ビタミン剤などのサプリは一日分を複数回に分けて摂取することが推奨されています。ビタミンサプリは、特に胃腸が活発に働く食後によく飲まれています。
蜂の子サプリに含まれるこれらのビタミンを有効利用したい場合は、一日分を複数回に分けて飲むのが効果的です。例えば1日の摂取目安量が3粒だった場合、朝・昼・晩の食事の際に1粒ずつ飲むとよいです。

消化が気になる場合は食後を避ける

カルシウムやマグネシウムは水に溶けるとアルカリ性を示し、食後すぐに摂取すると胃酸を中和して消化を妨げます。このため、カルシウム剤などは食後の摂取を控えるべきとされています。
蜂の子にも、カルシウムやマグネシウムが含まれています。蜂の子サプリはカルシウム剤などに比べて含有量が少なく、影響も限られますが、消化が気になる場合は食事直後の摂取を避け、空腹時や就寝前などに飲むと良いでしょう。

一番大事なのは続けること

それぞれの栄養素の摂取に適した飲み方をご紹介しましたが、蜂の子サプリを飲むうえで一番大事なのは継続することです。サプリの効果は数回飲んで実感できるものではなく、継続してはじめて十分な効果が発揮されます。栄養素の吸収率も大事ですが、飲むのを忘れずに継続できる自分にあった飲み方が一番です。いつ飲んでも構わないという人で、飲み方に迷った場合は、上記を参考にして目的にあった方法を試してみましょう。

サプリは水で飲む

サプリを摂取する際は、必ず水やぬるま湯で飲みましょう。水には余計な成分が含まれておらず、栄養素の摂取を邪魔しません。水以外の飲み物の場合、サプリに含まれる成分と反応して栄養素の吸収率が低下する可能性があります。栄養素の摂取が目的でサプリを飲むのですから、吸収率を下げる可能性のある水以外での摂取は控えるべきです。

サプリに飲む時間が書いていない理由

薬には「食前、食後、食間、一日3回服用」などのように、飲むタイミングが記されています。サプリにはこうした表記がありません。これは、栄養補助食品であるサプリと医薬品を区別するためで、薬機法によって定められています。サプリに薬のような飲み方の記載があると、医薬品や医薬部外品と間違える危険性があるため、飲む時間帯などの表記はできません。

まとめ

蜂の子は多くの栄養素が含まれており、すべての栄養素の吸収率を高める飲み方はありません。蜂の子サプリは基本的にいつ飲んでもよく、蜂の子の健康効果を得るためには継続することが一番重要です。特定の栄養素の吸収率を高めたい場合は、摂取したい栄養素の種類によって飲み方を工夫してみましょう。アミノ酸を効率よく摂取したい場合は食後を避けるなど、自分にあった飲み方を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧