メニエール病には蜂の子が効果的!理由を徹底解説

メニエール病には蜂の子が効果的!理由を徹底解説

めまいや耳鳴りが続き、とてもつらいメニエール病。健康食品の「蜂の子」には、このメニエール病に対して効果的な成分が多く含まれています。

メニエール病とは

メニエール病は内耳の疾患で、激しい回転性のめまい・難聴・耳鳴りなどが継続的に起こるのが特徴です。内耳の液が過剰になり、内リンパ水腫と呼ばれる水ぶくれが起こることでこうした症状が発生します。患者の傾向から、メニエール病の発症にはストレスが強く影響していることが分かっています。
メニエール病の症状改善には、継続的な運動などによる血行促進が効果的です。そうした症状への対処の一方で、原因となる日常生活のストレスを軽減して悪化を防ぎ、再発を予防することも重要です。

研究でも蜂の子成分のメニエール病に対する効果が証明されている

蜂の子成分のメニエール病に対する治療効果は、大学病院の研究でも確認されています。
岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用した実験を行いました。その結果、蜂の子成分を摂取すると、耳鳴りに伴う不安や苦痛を和らげる効果があること、聴力レベルの改善がみられること、血中のコルチゾールの値が低下することが分かりました。
コルチゾールはストレスにより発生するホルモンで、過剰な分泌は血圧の上昇や免疫機能の低下をもたらします。実験結果から、蜂の子成分はストレスの低減にも役立つことが分かります。
中国の北京医科大学と天津医科大学の共同臨床研究でも、蜂の子成分の有効性が確かめられています。メニエール病患者に1日3回蜂の子の粉末50mgを摂取させた結果、70%以上の患者にめまいや耳鳴りの改善効果があったとの研究報告があります。

メニエール病の症状に効く蜂の子成分

メニエール病に効果的な蜂の子成分を見ていきましょう。成分はそれぞれ有効ですが、これらをバランス良く一つの食品で摂取できるのが、蜂の子の優れたポイントです。
まずは血行促進など、メニエール病の症状改善に役立つ成分から解説します。

血行を改善するアルギニン

アルギニンは必須アミノ酸のひとつで、体内で一酸化窒素を生成するための材料になります。一酸化窒素には血管を拡張し血流を促進する作用があるため、内耳の健康維持に重要です。

血管を正常に保つメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸のひとつで、血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。

浮腫を防ぐビタミンB1

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換するのに必要です。ビタミンB1が欠乏すると浮腫(水ぶくれ)の原因になります。内リンパ水腫の予防、改善にビタミンB1はとても重要です。

血管や内耳の健康維持にビタミンB2

ビタミンB2は脂肪・炭水化物・タンパク質の代謝や、赤血球の形成、皮膚や粘膜などの正常な維持に必要な栄養素で、不足すると皮膚や粘膜の炎症を起こします。血管や内耳の状態を健康に保つために必須です。

鉄の吸収と血管維持にビタミンC

ビタミンCは、血液の元となる鉄分などミネラルの吸収を促進します。人間はビタミンCを身体で生成できず、食事から摂取する必要があります。
ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きもあり、不足すると毛細血管がもろくなります。めまいや耳鳴りの防止には血行を安定させることが重要なので、ビタミンCの摂取は欠かせません。

血行促進にナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、悪玉コレステロールの値を低下させ、血行をよくする効果があります

血液に必須の鉄分

鉄は赤血球を構成するヘモグロビンの材料で、めまいや貧血の予防に効果があります。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄の吸収率を高めてくれます。

身体の水分調整にカリウム

カリウムは、ナトリウムと反応してナトリウムを身体の外に排出する作用があります。ナトリウムは身体に水分を保持する効果があり、特に内リンパ水腫の場合は、ナトリウムが過剰にならないよう注意する必要があります。

血行と水分調整にピリドキシン

ピリドキシンはビタミンB6に分類される化合物で、赤血球の生産を促進します。ナトリウムとカリウムのバランス維持を助ける働きや、動脈硬化の原因となるホモシステインという物質を血液中から減少させる効果もあります。

血圧安定にタウリン

タウリンには細胞を正常に保ち、血圧を安定させる作用があります。血流が重要なメニエール病対策には欠かせない栄養素です。

ストレスに効く蜂の子成分

次に、メニエール病の原因となるストレス対策に効果的な蜂の子成分を見ていきましょう。
ストレスを軽減するには、ストレスホルモンと呼ばれる神経伝達物質の分泌改善や、しっかりとした睡眠をとることが重要です。

神経伝達物質の材料フェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質の材料になります。これらはストレスホルモンとも呼ばれ、気力や集中力の維持に必要です。不足するとめまいが起こりやすくなります。

深い睡眠を促すグリシン

グリシンは美肌効果などで有名な必須アミノ酸ですが、安眠効果も特に注目されています。グリシンは血管を拡張する効果があるため、体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。

精神安定と睡眠にトリプトファン(セロトニン・メラトニン)

トリプトファンは体内でセロトニン、メラトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる効果があります。不眠の症状改善にも役立つとされており、アメリカでは薬として処方される場合があります。
メラトニンは体内時計のリズムを調整する物質です。幼児期に一番多く分泌され、歳を取る毎に減っていきます。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。メラトニン不足にならないことは、質の良い睡眠に重要です。

精神安定にメチオニン

メチオニンは血管維持に必要ですが、ストレス対策にも効果があります。ドーパミンやセロトニンが不足すると精神が不安定になりますが、メチオニンはこれらの神経伝達物質の生成を促進する作用があります。

ストレスに対抗するチロシン

チロシンは細胞でのタンパク質合成に使われるアミノ酸の一つです。ストレス条件下の人間に投与した実験で、気分や認識作用の改善がみられたとの報告があります。

精神安定にナイアシン

ナイアシンは血行改善効果のほか、不足すると精神不安が起きやすくなります。ナイアシンは食物から摂取できるほか、体内でトリプトファンを材料として生成されます。ナイアシンが不足していると、トリプトファンがナイアシン生成に回されてしまい、精神の安定に必要なセロトニンやメラトニンが不足してしまいます。

脳にエネルギーを補うビタミンB1

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換するのに必要で、神経を正常に働かせる機能があります。ビタミンB1摂取は、脳のエネルギー不足からくるイライラを予防します。

ストレスに対抗するビタミンC

アドレナリンはストレスがかかると多量に分泌され、血圧や血糖値を上昇させてストレスに対抗します。このアドレナリンの合成にビタミンCが必要です。

精神安定にカルシウム・マグネシウム・亜鉛

カルシウムやマグネシウムは精神の安定に重要なことがよく知られています。マグネシウムはセロトニンの生成にも必須です。
亜鉛は身体の様々な機能に関わりますが、神経伝達物質をつくるのにも必要です。

メニエール病には蜂の子がお勧め

蜂の子はメニエール病に対して効果的な成分が多く含まれており、その効果は研究機関でも確認されています。薬ではなく、そうした成分を一つの食品から摂取できるという点も便利で安心です。
つらいメニエール病のめまいや耳鳴りに、いちど蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧