妊娠中に蜂の子を食べても大丈夫?

滋養強壮に効果的な健康食品の「蜂の子」。蜂の子には多くの健康成分が含まれていますが、妊娠中に食べても大丈夫か不安な方がいるかもしれません。
蜂の子は、アレルギーなど特殊な場合を除いて、妊娠中に食べても問題ありません。
妊婦にとって嬉しい効果がある成分も豊富に含まれています。

蜂の子は妊娠中に食べていい

蜂の子は基本的に、妊娠中に食べても問題ありません。

蜂の子には毒はない

蜂と聞くと毒を連想するかもしれませんが、蜂の子に毒はありません。蜂の毒針は蜂の産卵管が変化したもので、生殖器が未発達の蜂の子には、毒針も毒もありません。
仮に成虫を食べる場合でも、加熱など調理の過程で毒が変性して無毒化されます。

ボツリヌス症の心配はない

蜂蜜を一歳未満の幼児に与えてはいけないことがよく知られています。
これは腸内環境が整っていない幼児が蜂蜜を直接食べた場合、ボツリヌス症にかかる危険があるためです。
これと関連して、蜂に関わる食品の摂取を心配に思う妊婦の方がいるかもしれませんが、全く心配ありません。
妊婦が蜂蜜を食べてもボツリヌス菌が胎児に影響を与えることはありませんし、蜂の子には蜂蜜自体が含まれていません。

蜂の子には、妊娠中に食べて問題となる成分は含まれておらず、基本的に安心して食べられます。

妊婦が蜂の子を避けるべき場合

蜂の子は妊娠中に食べても基本的に問題ありませんが、いくつか食べない方が良い場合があります。

生食は避ける

蜂の子に限りませんが、妊娠中に食品の生食はできるだけ控えた方が無難です。これは細菌の感染や寄生虫を防ぐためです。

蜂の子は山で採取されるため、生食した場合、魚や卵などに比べて雑菌が混入している可能性が高くなります。
蜂の子を生で食べる機会は多くありませんが、妊娠中は特に避けるべきです。必ず加熱処理したものを食べましょう。

アレルギーの恐れがある場合は避ける

蜂の子にはタンパク質が豊富に含まれているため、卵・小麦・大豆などタンパク質を含む他の食品と同様、ごく稀にアレルギーを起こす可能性があります。
妊娠前から蜂の子を食べていてアレルギーの危険がない場合は妊娠中でも問題なく食べられますが、そうでない場合は注意が必要です。

甲殻類アレルギーや喘息の場合は避ける

甲殻類アレルギーや喘息の経験がある場合、妊娠中に蜂の子を食べるのは避けるべきです。甲殻類アレルギーの原因物質は、エビやカニの筋肉に含まれるタンパク質で、このタンパク質と似た構成の成分が蜂の子にも含まれています。喘息の原因となるハウスダストに含まれるダニやゴキブリのタンパク質も、この成分に似ています。甲殻類アレルギーや喘息がある場合、身体の抗体が蜂のタンパク質に反応して、アレルギー反応が起こる恐れがあります。アレルギーの危険を回避するため、こうした症状がある人は、蜂の子の摂取を控えるべきです。

蜂に刺されたことがある場合は避ける

過去に蜂に刺されたことがあると、身体に蜂のタンパク質に対する抗体が生成されている場合があります。この抗体を持った状態で蜂の子を食べると、アレルギー反応が起こる場合があります。蜂に刺されたことのある多くの人が問題なく蜂の子を食べており、蜂に刺されたからといって必ずしも蜂の子アレルギーになる訳ではありません。しかし、アレルギーの危険を回避するために、蜂に刺されたことがある人は妊娠中に蜂の子を食べ始めるのは避けるべきです。

ビタミンAが添加されているサプリは避ける

蜂の子成分をサプリで摂取する場合には、蜂の子以外に配合されている成分を確認する必要があります。蜂の子の成分に問題がなくても、添加された成分によって身体に悪影響がでる可能性があります。
特に、ビタミンAを妊娠初期に大量摂取した場合、胎児の先天異常の可能性が高まるという報告があります。妊娠中はビタミンAが添加されたサプリを飲んではいけません。

ビタミンAに限らず、妊娠中にサプリなどを摂取する場合は必ず医師に相談して、成分が胎児に影響を与えないか確認しましょう。

妊婦に嬉しい蜂の子効果

蜂の子には多くの滋養強壮効果があり、妊娠中の身体の健康維持に役立つ成分が豊富に含まれています。
妊婦に嬉しい蜂の子の健康効果をいくつかご紹介します。

貧血予防

妊娠すると、胎児に送る分だけ必要な酸素や栄養素が増えるため、貧血が起こりやすくなります。貧血は、赤血球を構成するヘモグロビンの量が低下して、血液の酸素運搬能力が低下している状態です。
蜂の子には、ヘモグロビンの材料となる鉄・タンパク質、赤血球生成に必要な銅・亜鉛、赤血球生成を促進するピリドキシンが含まれています。これらは不足している赤血球を補い、血液の酸素運搬能力を向上させて、妊娠時に多い貧血症状を改善します。

耳鳴りの予防・改善

妊婦の約25%が耳鳴りを経験しているという調査報告があります。妊娠中はホルモンバランスや自律神経が乱れるため、耳付近の血行が悪化して耳鳴りが起こると考えられています。
蜂の子には、血管を拡張する作用があるアルギニン、グリシンなどの成分が含まれており、内耳の血行を促進して、耳鳴り症状の改善に役立ちます。
耳鳴りに対する蜂の子の効果は大学の研究でも確認されています。中国の北京医科大学と天津医科大学の共同研究では、蜂の子成分の継続的な摂取により、75%の患者の耳鳴り症状が改善されたとの報告があります。

ストレス軽減

妊娠中は、身体や環境の変化により、ストレスが溜まりがちです。蜂の子には、ストレスを軽減させる成分が豊富に含まれています。
蜂の子に含まれるフェニルアラニンは、ストレスに対処するためのホルモンの材料になります。
トリプトファンは「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの材料になります。セロトニンは精神を落ち着かせる効果があります。
蜂の子にはカルシウムやマグネシウムが含まれ、これらは神経の情報伝達を助ける働きがあり、ストレス軽減に役立ちます。
蜂の子のストレス軽減効果は研究でも確認されています。蜂の子の摂取により、ストレスに反応して分泌されるコルチゾールというホルモンの血中値が低下することが報告されています。

血圧の安定

妊娠中に血圧が上昇する場合があり、高血圧は胎児や妊婦に悪影響があるため注意が必要です。
蜂の子には、アルギニンやグリシンなど、血管を広げて血圧を低下させる成分が含まれています。
蜂の子に含まれるタウリンには、細胞や身体を正常な状態に保つ働きがあり、血圧を安定させます。
蜂の子に含まれるビタミン類には糖や脂肪の代謝を助ける働きがあり、血糖値や血液中の悪玉コレステロール値を低下させます。これにより血液の流れがスムーズになり、血圧が安定します。

美肌効果

妊娠中は女性ホルモンの分泌が急増します。ホルモンバランスの変化から肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなり、シミ・ソバカスも出来やすくなります。
蜂の子には、肌に潤いを保つ働きのあるアミノ酸が豊富に含まれています。肌に元々備わっている保湿成分を天然保湿因子といい、この成分の約4割がアミノ酸で出来ています。蜂の子にはアミノ酸が豊富に含まれているため、天然保湿因子のアミノ酸を補う働きがあり、肌トラブルの予防・改善に役立ちます。
蜂の子には、メラニン色素の生成を抑える働きのあるビタミンCも含まれています。メラニン色素はシミ・ソバカスの原因になるため、蜂の子はこれらの予防にも役立ちます。

妊娠中に蜂の子を食べて大丈夫

蜂の子は妊娠中に食べても基本的に問題ありませんが、生食は避け、アレルギーの恐れがある場合も摂取を避けるべきです。
蜂の子には多くの健康増進効果があり、貧血予防など妊婦に嬉しい効果がたくさんあります。
アレルギーなどに注意しつつ、妊娠中の健康維持のために、蜂の子を利用することをお勧めします。

関連情報一覧