蜂の子は生活習慣病の予防に効果的

糖尿病、高血圧といった生活習慣病は、自覚症状がほとんどなく、日頃から予防に気をつける必要があります。
古くから健康食品として親しまれてきた「蜂の子」には、生活習慣病の予防に効果的な成分が豊富に含まれています。

生活習慣病とその原因

生活習慣病は、その名の通り、生活習慣が原因となる疾患です。
糖尿病、高血圧症、脂質異常症、骨粗しょう症、がん、心疾患などが挙げられます。
これらは初期の自覚症状がほとんどなく、気付いたときには重度の疾患に進行している場合があり、日頃から注意する必要があります。
生活習慣病の原因は、偏った食事や喫煙、飲酒、運動不足、睡眠不足、ストレスなどです。

蜂の子には以下の効果があり、生活習慣病の予防に効果的です。

  • 血のめぐりを良くする効果
  • 肝機能や代謝を高める効果
  • ストレス軽減効果
  • 質の良い睡眠を促す効果

この他にも、各種生活習慣病の予防に役立つ成分が蜂の子には含まれています。
蜂の子成分が持つこれらの効果について、具体的に見ていきましょう。

蜂の子は血のめぐりを良くする

血管を健康に保ち、血行を良くすることは、生活習慣病予防に重要です。
脳梗塞や心筋梗塞の最大の危険因子は動脈硬化です。
高血圧の原因の多くは、動脈硬化によって血行が悪化したことによる酸欠を防ぐための血圧上昇です。

蜂の子には、血中のコレステロール値を低下させて動脈硬化を防ぐ成分や、血行を促進することで血圧上昇を抑える成分が含まれています。

血管を拡張するアルギニン

アルギニンは必須アミノ酸のひとつで、体内で一酸化窒素を生成するための材料になります。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、血行を促進することで動脈硬化や心筋梗塞を予防します。
アルギニンには血糖値を下げるインスリンの分泌を促進する効果もあり、糖尿病予防に役立ちます。

動脈硬化予防にメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸のひとつで、血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足すると動脈硬化の危険が高まります。

血行促進と動脈硬化予防にナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、血管を拡張して血行をよくする効果があります。生活習慣病の高脂血症に処方されるニセリトロールという薬にも使われ、血液中のコレステロール値を下げて動脈硬化を防ぎます。

高血圧予防・動脈硬化予防にタウリン

タウリンには、身体や細胞を正常な状態に保つ働きがあり、高くなり過ぎた血圧を下げる作用があります。肝機能を助ける働きもあり、脂肪の代謝を促進することで血中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防します。

動脈硬化予防にパントテン酸

パントテン酸は、血中の善玉コレステロール値を上昇させる効果があり、動脈硬化を予防します。

悪玉コレステロールを減らすオレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸です。蜂の子に含まれる脂肪酸のうち最も割合の大きいものがこのオレイン酸です。オレイン酸は悪玉コレステロールを減少させる効果があり、動脈硬化予防に役立ちます。

赤血球生成に鉄・ピリドキシン

貧血などで血液の酸素運搬能力が低下すると、それを補うためにより多くの血液を送ろうとして血圧が高くなります。赤血球の材料となる鉄や、赤血球生成を促進するピリドキシンは、血液の酸素運搬能力を高く保って血圧を安定させるために必須です。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、鉄の吸収を助ける働きがあります。

肝機能や代謝を高める蜂の子成分

糖尿病は糖の代謝不良によって起こり、脂質異常症は脂質の代謝不良によって起こります。
蜂の子には、脂質・糖・タンパク質の代謝に欠かせないビタミンや、これらの代謝に重要な肝機能を補助する成分が含まれており、生活習慣病の予防に役立ちます。

代謝に必須のビタミンB群

ビタミンB群は代謝ビタミンと呼ばれ、摂取した栄養素をエネルギーに変換するのに不可欠です。脂質・糖・タンパク質の代謝に不可欠なビタミンB1、ビタミンB2、ピリドキシン、ナイアシン、パントテン酸といった成分が蜂の子には含まれています。これらの成分は糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の予防や改善に必須です。

代謝を助けるマグネシウム

蜂の子に含まれるマグネシウムは、酵素の働きを助け、脂質・糖・タンパク質の代謝を促します。

肝機能を補助するタウリン

タウリンはアミノ酸の一種で、肝臓の胆汁酸の分泌や肝細胞の再生を促進する作用があります。肝機能を補助して消化作用を助けることで、代謝促進と生活習慣病予防に役立ちます。タウリンが不足すると肝機能低下から脂質の代謝低下が起こり、脂質異常症や動脈硬化の危険が高まります。

肝機能を高めるメチオニン

メチオニンには、肝臓の代謝機能を補助して血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。脂肪を乳化することで脂肪肝を防ぎ、肝機能を保護する作用もあります。

蜂の子はストレスを軽減する

過剰なストレスは生活習慣病のリスクを高めます。
蜂の子に含まれる成分にはストレスを軽減する効果があり、生活習慣病予防に役立ちます。

ストレスは生活習慣病につながる

国立がん研究センターは、40-69歳の男女約10万人を対象にして、がん発症とストレスの関連を調査しました。その結果、自覚しているストレスレベルが高いと、がん発症のリスクが高くなり、特にそれは男性で強くみられることが確認されました。
ストレスが加わると自律神経の交感神経が刺激され、血管が収縮して血圧が上がります。また、ストレスに対抗するためにコルチゾールというホルモンが分泌され、このホルモンの影響で血糖値が上昇します。こうした反応はストレスに対抗するために必要ですが、ストレス状態が続くと、高血圧や糖尿病といった生活習慣病を引き起こします。

蜂の子のストレス軽減効果が研究で確認されている

岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用し、蜂の子成分が与える影響について実験を行いました。その結果、蜂の子成分には血中のコルチゾール値を低下させる働きがあることが確認されました。
コルチゾールはストレスによって発生するホルモンです。蜂の子成分がストレスを軽減することがこの実験から分かります。

ストレス軽減に役立つ蜂の子成分

蜂の子には、ストレスに対処するために必要な成分が数多く含まれています。
フェニルアラニンは必須アミノ酸で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといったストレスホルモンの材料になります。これらはストレスに対処し、気力や集中力を維持するのに必要です。
トリプトファンは体内でセロトニンの材料になります。セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる働きがあります。
メチオニンはドーパミンやセロトニンの生成を促進する作用があります。
ナイアシンは精神不安やうつ症状を防ぎ、精神を安定させます。
カルシウム・マグネシウム・亜鉛はストレスホルモン生成に必要なミネラルです。蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、ミネラルの吸収を促進します。

蜂の子は質の良い睡眠を促す

睡眠不足は生活習慣病のリスクを高めます。
蜂の子には、質の良い睡眠を促す成分が含まれており、生活習慣病予防に役立ちます。

睡眠不足は生活習慣病のリスクを高める

睡眠不足の慢性化は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因になります。
睡眠はホルモンの分泌に関わっており、慢性的な睡眠不足は糖を代謝するためのインスリンの働きを抑制します。睡眠不足は食欲を増進させるホルモンを増やすといわれており、肥満や糖尿病の危険性が高まります。
睡眠は自律神経のバランスにも影響します。睡眠不足で自律神経が乱れて交感神経が優位になると、血圧が上昇します。睡眠時間が6時間と5時間のグループを比較した実験では、5時間のグループが高血圧になる割合が37%も高いという結果が報告されています。

安眠効果のあるグリシン

蜂の子に含まれるグリシンは、高い安眠効果が確認されています。血管を拡張する効果があり、入眠時に体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。

深い睡眠を促すトリプトファン

トリプトファンは体内でメラトニンの材料になります。メラトニンは体内時計のリズムを整え、深い睡眠を促す効果があります。幼児期に最も多く分泌され、歳を取るごとに減少します。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。トリプトファン摂取は、質の良い睡眠を促し、生活習慣病予防に役立ちます。

生活習慣病予防に役立つ蜂の子成分

以上に挙げた他にも、生活習慣病予防に役立つ成分が蜂の子には含まれています。

ナトリウムを排出するカリウム

塩分を構成するナトリウムの過剰摂取は、高血圧を招いて心臓病や脳卒中のリスクを高めます。蜂の子に含まれるカリウムはナトリウムを体外に排出する作用があり、高血圧の予防に役立ちます。
日本国立がんセンターによる「がんを防ぐための12か条」には、塩分を控えるよう勧める項目があります。がん予防の観点からも、カリウム摂取は重要です。

糖尿病を予防するマグネシウム

マグネシウム摂取は糖尿病予防に効果的です。マグネシウム摂取量と糖尿病発症率の関係は、欧米人を対象とした研究報告が多数あります。日本でも九州大学の研究グループが日本人を対象とした研究を行い、マグネシウムの糖尿病予防効果を確認しています。
糖尿病はがんの発生リスクを増大させるため、がん予防の観点からもマグネシウム摂取は重要です。

糖尿病予防に亜鉛

亜鉛は体内に千数百あるといわれる酵素のうち300種以上に必要とされており、身体の多くの機能に関わっています。中でもインスリンの構造維持に必須で、糖の代謝に役立ちます。亜鉛の欠乏が糖尿病の発症リスクを高めるという研究報告もあります。
亜鉛は動物性タンパク質やビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がるという特徴があります。これらが一つの食品に含まれている蜂の子は、亜鉛摂取に適しています。

骨粗しょう症を防ぐカルシウム・マグネシウム

蜂の子には、骨の形成に重要なカルシウムとマグネシウムが含まれ、生活習慣病のひとつ骨粗しょう症の予防に効果的です。

蜂の子で生活習慣病を予防

蜂の子には、血行促進、代謝向上、ストレス軽減、質の良い睡眠を促す効果などがあり、生活習慣病の予防に効果的です。自覚症状の少ない生活習慣病は、日頃からの予防が大切です。健康的な生活を長く続けるためにも、蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧