蜂の子成分はうつ病に効果的

気分が重い・体がだるいといった、つらい症状を伴う「うつ病」。
健康食品の蜂の子には、このうつ病に効果的な成分が多く含まれています。

うつ病とは

うつ病には、憂うつ・集中力がなくなるといった主に精神面での症状や、疲労感・不眠・食欲不振・めまいといった肉体面の症状があります。
うつ病の原因は明確には特定されていません。脳や神経で機能する神経伝達物質の働きが悪くなることや、身体の病気、ストレス、環境の変化など、さまざまな要因が重なって症状が起こると考えられています。

精神症状に効果的な蜂の子成分

うつ病の精神症状に対して効果的な蜂の子成分を見ていきましょう。
神経伝達物質は、脳や神経で情報伝達の機能を担っています。うつ病の場合、この神経伝達物質の量が減ることで、さまざまな精神症状が起こると考えられています。
感情に関わる神経伝達物質の代表例がセロトニン、ノルアドレナリンです。
うつ病の治療にはこれらが不足しないよう注意することが重要です。

ノルアドレナリンの材料フェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸で、体内でノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質を作る材料になります。これらはストレスホルモンとも呼ばれ、気力や集中力の維持に必要です。不足するとめまいなどの症状も起こりやすくなります。

セロトニンの材料トリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニンの材料となる必須アミノ酸です。
セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関わる物質を調節し、精神を落ち着かせる効果があります。体内時計・神経内分泌・睡眠・体温調節など多くの機能にも関係する重要な物質です。

神経伝達物質生成を促すメチオニン

メチオニンは必須アミノ酸のひとつです。セロトニンやノルアドレナリンの生成を促進する作用があり、精神の安定に役立ちます。

脳にエネルギーを与えるビタミンB1

ビタミンB1は糖からエネルギーを得るために必須のビタミンで、中枢神経および末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。脳の栄養不足からの精神不安や頭部不快感の防止に役立ちます。

不足するとうつ病を引き起こすナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種で、血行を良くする効果があります。ナイアシンが不足するとペラグラと呼ばれる皮膚炎が起きることが有名ですが、同時に精神不安やうつ病などを引き起こすことも知られています。

神経伝達物質生成に必須のミネラル

カルシウムやマグネシウムが精神の安定に重要なことはよく知られています。マグネシウムはセロトニンの生成にも必須です。
亜鉛は身体の様々な機能に関わりますが、神経伝達物質をつくるのにも必要です。亜鉛を十分摂取することが、うつ病症状の緩和には重要です。
蜂の子に同じく含まれるビタミンCは、こうしたミネラルの吸収を促します。

うつ病予防にリノレン酸

蜂の子に含まれる脂肪酸は、身体の機能を維持するために必須の栄養素です。なかでもリノレン酸を豊富に摂取した場合、うつ病の発生が減少したという研究があります。

大学研究で蜂の子がストレスに効果的と証明される

日常生活のストレスを軽減することは、うつ病の治療や予防にとても大切です。
蜂の子のストレスに対する効果は、大学病院の研究でも確認されています。
岐阜大学医学部の研究グループは、酵素分解した蜂の子成分を使用した実験を行い、耳鳴り改善や聴力に関する効果のほか、血中のコルチゾールの値を低下させる作用が蜂の子にあることを確認しました。コルチゾールはストレスにより発生するホルモンです。実験結果から、蜂の子成分はストレスの低減に役立つことが分かります。

不眠に効果的な蜂の子成分

うつ病のつらい症状の一つに不眠があります。この不眠の改善にも、蜂の子成分は効果的です。

自然な睡眠を促すグリシン

グリシンは美肌効果などで有名な必須アミノ酸ですが、安眠効果も特に注目されています。グリシンは血管を拡張する効果があるため、体内の熱を放出して深部体温を下げ、自然な睡眠を促します。

メラトニンの材料トリプトファン

トリプトファンはセロトニンの材料になるほか、同じく神経伝達物質のメラトニンの材料でもあります。
メラトニンは体内時計のリズムを調整する物質です。幼児期に一番多く分泌され、歳を取る毎に減っていきます。歳を取ると睡眠時間が短くなるのはこのためです。メラトニン不足にならないことは、不眠の改善に重要です。

不眠の予防にパントテン酸

パントテン酸はビタミンB群に含まれます。パントテン酸が不足すると、不眠、疲労、頭痛、食欲不振といった悪影響があります。

めまいの症状に蜂の子成分は有効

うつ病の症状の一つにめまいがあります。三半規管周辺の血行不良などが原因でめまいが起こりますが、蜂の子にはこの血行を改善する成分が含まれています。

血行改善にアルギニン・ナイアシン・ピリドキシン・タウリン

アルギニンは体内で一酸化窒素を生成するための材料になります。一酸化窒素には血管を拡張し血流を促進する作用があります。
ナイアシンには悪玉コレステロールの値を低下させ、血行を良くする効果があります。
ピリドキシンはビタミンB6に分類され、赤血球の生産を促進します。動脈硬化の原因となるホモシステインという物質を血液中から減少させる効果もあります。
タウリンには細胞を正常に保ち、血圧を安定させる作用があります。

血管を正常に保つメチオニン・ビタミンB2

メチオニンは血液中のコレステロール値を下げ、身体の中の毒素や老廃物のもとになる活性酸素を取り除く作用があります。不足するとコレステロールが沈着し、動脈硬化の危険が高まります。
ビタミンB2は赤血球の形成、皮膚や粘膜などの正常な維持に必要な栄養素です。血管の健康維持に重要です。

総合的な健康効果がある蜂の子

うつ病の原因はさまざまで、症状の改善には規則正しく健康的な生活を保つことが重要とされています。

上に挙げた成分以外にも、蜂の子には健康的な日常生活をおくる上で必要な栄養素が多く含まれています。
例えば、筋肉や肌の張りの維持に必要なバリン、ロイシン、疲労回復に関わるイソロイシンなどが挙げられます。
蜂の子には、身体で生成されず、食事から摂取する必要のある必須アミノ酸が全て含まれています。
必須アミノ酸はバランス良く摂取する必要があり、一種類を大量にとっても、他の必須アミノ酸が足りなければ有効利用されません。

こうした多くの栄養素を一つの食品でバランスよく摂取できるのが、蜂の子の大きなメリットです。

うつ病のつらい症状に蜂の子がお勧め

蜂の子には、うつ病の精神症状、肉体症状に効果的な成分が多く含まれています。
研究でも対ストレス効果が確認されており、そうした成分を薬ではなく食品から摂取できる点も安心です。
うつ病症状の改善、予防に蜂の子を試してみることをお勧めします。

関連情報一覧